« 水戸写経会 | トップページ | 慈恩会 »

金堂内陣天井板絵

昭和51年に百万願写経により復興された金堂も30余年の歳月が流れ、金堂内陣の柱の塗料が剥落し、この春、塗り替え工事をいたしました。

001 同時に、金堂の天井に描かれた宝相華紋様の板絵、支輪板も顔料が剥落してきました。そこで、ご寄進を募り、新たに天井の板絵と支輪板を作成し、薬師三尊さまの頭上にご奉安させていただくことに致しました。ご寄進を頂いた方のご芳名、般若心経の中からご希望の一文字を板の裏面にご自身でお書きいただくか、僧侶が代筆させていただきました。

春からご寄進を募りながらも、あと140口ほどご寄進を募らねばなりません。この度は、五反田の薬師寺東京別院でもお書きいただけるようにご用意いたしました。是非ともご結縁をよろしくお願い申し上げます。年内には新しい天井にして、新年を迎えたいと願っています。

Photo◎金堂内陣天井板絵寄進 1口  1万円(寄進の受付は終了いたしました。ありがとうございました。)

●東京別院縁日法要 毎月 12日 午後1時から大般若経の転読法要の後、安田暎胤管主の法話がございます。

合掌 基達

薬師寺:ご自宅でのお写経のお申し込み

|

« 水戸写経会 | トップページ | 慈恩会 »

その他」カテゴリの記事