« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

大晦日

薬師寺の境内は、新年を迎える準備が整いました。

H201231_012

南門から参拝される方は、H201231_015休ケ岡八幡宮を参拝され金堂にお参り下さい。午前3時頃からは安田管主はじめ薬師寺の僧侶による正式参拝がございます。

金堂は、H201231_008 H201231_011 縁起物の恵方守りが供えられ、準備が整いました。午前0時より修正会の法要がございます。秘仏の吉祥天女をご本尊としています。

大講堂の前では、護摩によるご祈願所(テント)ができました。H201231_017

東僧坊では、安田暎胤管主による年頭法話が、午前2時からございます。H201231_019

演台には金屏風をおいて準備が整いました。

今夜8時からお写経道場では越年写経会が明け方までできます。

薬師寺の夜間の参拝は夜10:30開門です。

除夜の鐘の整理券は夜11時より東僧坊にて配ります。

皆様のご参拝をお待ち申し上げます。

合掌

|

お身拭い式

【お身拭い式】29日13時〜金堂にて

29日朝から正月準備の餅つきを昼過ぎまで行いました。H2012_017H2012_008H2012_018

午後1時からは金堂にて薬師三尊のお身拭い式。正月のご本尊・吉祥天女像のお身拭いを行いました。

お身拭いは、午前中に餅米を蒸したときのお湯を使って薬師三尊を拭き清めます。0541_205810431

はっぴ姿の青年衆が浄布をしぼり僧侶と白丁(はくちょう)にわたします。Photo薬師三尊のお身拭いの後、薬師如来のご宝前に特別安置のお厨子に参拝者が合掌している中、吉祥天のお厨子を拭き清め、扉を開き国宝吉祥天画像のお姿が現れました。

今年のお身拭い式の参拝者は、例年よりも多く金堂に500人ほどの参拝者がありました。

金堂のあと、大講堂の彌勒三尊、釈迦十大弟子等、東院堂の聖観世音菩薩のお身拭いを行い午後3時ごろに終わりました。

明日からは、餅飾り、門松、しめ縄の準備があります。

※国宝吉祥天の扉は閉められ、31日夜から1月15日まで、お正月(修正会)のご本尊としてお祀り致します。

合掌

|

大晦日ライトアップ

通常のライトアップは日の暮れから22時までですが、大晦日は除夜の鐘、修正会法要、年頭法話があり夜中ライトアップしています。

合掌

|

年末のお写経

奈良薬師寺のお写経道場は、年内は31日まで9:00~17:00までお写経ができます。

尚、12月31日大晦日は、【越年写経会】20:00~元日の朝までお写経を書くことができます。

今年1年の思いをこめお写経をお書き下さい。

年始には書初めに、お写経にお越し下さい。

元日から三箇日は朝~夕方までの時間、お写経にお越しの方に五観の間で管主が新年の挨拶をさせて頂いています。お抹茶とお菓子を用意しています。

除夜の鐘を撞くには整理券が必要です。整理券はお写経者を優先に20:00頃からお写経道場の受付で配布します。

一般の方には、23:00頃から境内の東僧坊にて配布します。

(大晦日、境内の参拝は17時に閉門の後、22:30に開門致します)

合掌 基達

|

年末の行事

12月29日午後1時から『お身拭い式』があります。

今年春には、東京上野の国立博物館にて開催された『国宝 薬師寺展』に出向かれた日光・月光菩薩・聖観音菩薩等も、新年を迎える準備でお身拭いを致します。

薬師寺では29日、朝から餅をつきます。もち米を蒸したあとのお湯を使って仏さまのお姿を拭き清めます。

「青年衆」とよばれる、大学生・高校生がご奉仕にきて、お身拭いに参加し、年末から年始の準備や、正月行事(修正会)にお参りしながら伝統行事のご奉仕をしてくださいます。

合掌

|

お正月ハイビジョン放送

お正月

NHKBSハイビジョン

平成21年1月2日11:00~12:50

薬師寺~白鳳伽藍の一年~

ご覧下さい。

|

仏国周遊

【平成遷都1300年祭海外情報発信事業 薬師寺花会式 in パリ】
このたび、2010年の平城遷都1300年を目前に、日本文化を発信し多くの外国の方々に来日して頂くことを目指す事業として、「平城遷都1300年祭」誘致キャンペーンが欧州にて開催されることとなりました。そこで、安田暎胤管主の記念講演と、薬師寺伝統法会である「声明」を初めてフランスにて行い、より深く日本の伝統文化を伝える為、「薬師寺花会式 in パリ」を企画させて頂きました。この機会に、是非ご同行頂きますようお誘い申し上げます。
☆Aコース・6日間 パリ周遊
2009年2月16日(月)~2月21日(土)
導師:村上太胤 執事長
☆Bコース・10日間 世界遺産パリ・イタリア周遊
2009年2月16日(月)~2月25日(水)
導師:山田法胤 副住職
◎詳しくは、パンフレットがございますので、薬師寺までお問い合わせ下さい。
TEL 0742-33-6001
031205
合掌
 

|

金堂内陣天井板絵

064071074金堂内陣天井板絵と支輪板のご寄進を皆様から賜り、この度見事に薬師三尊の頭上に奉安させていただきましたことをご報告申し上げます。

御礼申し上げます。

皆様、金堂に参拝の折には天井絵(宝相華紋様ほうそうげもんよう)もご覧下さい。もとは国宝東塔の天井絵を模しています。

合掌 基達

|

12月弥勒縁日

12月21日(第3日曜日)

今年最後の「彌勒縁日」です。

11時30分から約1時間、大講堂にて彌勒縁日法要を行います。

午後は1時からお写経道場にて山田法胤副住職の法話がございます。

演題「釈尊の生涯(11)」参加無料

合掌

|

中村晋也 彫刻展

Photo 中村晋也師は薬師寺の大講堂に平成14年に釈迦十大弟子をご奉納。平成19年5月4日には阿僧伽(アサンガ)菩薩 伐蘇畔度(ヴァスバンドゥ)菩薩の像をご奉納いただきました。

平成19年度の文化勲章受賞され、受賞記念の展覧会が行われます。

平成20年12月19日(金)~24日(水)

近鉄百貨店阿倍野店9階 近鉄アート館において開催される。時間は午前10時~午後8時(最終日は午後5時で閉館)

18日内覧会には管主・副住職・執事長他薬師寺より出席致しました。鹿児島の中村晋也美術館より運ばれた作品があります。

(オリジナルは薬師寺の大講堂に安置しています。)

合掌 基達

|

1月インド仏蹟参拝

『仏教文化の原点を訪ねて』

平成21年1月18日(日)~1月27日(火)

10日間

Photo_2お釈迦様と玄奘三像ゆかりのインドの仏教遺跡を訪ねたいと思います。

最初に悟りを開かれたブッダガヤでは大塔と薬師寺の僧侶が駐在している日本寺を参拝いたします。

また、三蔵法師が学んだナーランダ大学跡やお釈迦様の涅槃の地クシナガルを訪れます。

沐浴で知られるヒンズー教徒の聖地ベナレス、お釈迦様の真舎利が納められているデリー博物館、更に今回は、今後の公開が危ぶまれるアジャンタの壁画も是非訪ねたいと考えています。

シルクロードを通って日本へと伝わった仏教文化の原点を体感する旅へのご参加をお待ちしています。   合掌

導師:薬師寺執事長 村上太胤

(平成20年11月26日~12月5日の旅行を予定していましたが、バンコク空港のストライキにより、1月18日~27日に延期したものです。)

<日程>

1月18日 成田空港から空路バンコクへ

【バンコク泊】

1月19日 航空機にてブッダガヤへ移動。ブッダガヤ大塔参拝(法要)

【ブッダガヤ泊】

1月20日 専用車にてラージギルへ移動。参拝(法要)

【ラージギル泊】

1月21日 専用車にてクシナガルへ移動。途中、ヴァイシャリ参拝(法要)

【クシナガル泊】

1月22日 クシナガル参拝(法要)からベナレスへ移動

【ベナレス泊】

1月23日 沐浴場見学後、サルナート参拝(法要)。

昼食後、ムガール・サライ駅へ移動し、夜行列車にてブサワールへ

【列車泊】

1月24日 ブサワール到着後、専用車にて世界遺産「アジャンタ石窟群」後、オーランガバードへ

【オーランガバード泊】

1月25日 世界遺産「エローラ石窟群」後、国内線にてデリーへ移動

【デリー泊】

1月26日 終日デリー観光。夜デリー空港へ

1月27日 航空機にて、帰国の途へ(バンコクで乗り継ぎがあります)成田空港着

●食事 朝7回 昼7回 夜7回

●添乗員 同行いたします

●募集人員 40名(最少催行人員25名)

●お申し込み締切日平成20年12月18日

●旅行代金/【成田空港発着】

 420,000円(日本国内空港施設使用料、インド査証代、燃油サーチャージ料は含まれておりません。

●旅行社 株式会社 阪急交通社 東京団体支店 担当:阿部・二宮

<お問合せ先>

薬師寺公室

 TEL 0742-33-6001

 FAX 0742-33-6004

株式会社 阪急交通社 東京団体支店

 TEL 03-6745-7370

 FAX 03-6745-7371

合掌

安田管主導師の3月『インド佛蹟巡礼の旅』のページへ

|

12月岐阜・大阪

●12月17日13:00~15:00

Photo_2NHK文化センター岐阜教室

最初の1時間はお写経・後半法話です

講師:村上太胤執事長

演題『般若心経の心』

お問い合わせ

NHK岐阜文化センター

電話058-264-6311

平成21年の予定

1月11日(日)

2月25日(水)

3月18日(水) 

受講費:(有料)NHK岐阜文化センターにお申し込み下さい。

●12月18日10:30~12:30

Photo近鉄文化サロン阿倍野教室

最初の1時間はお写経・後半法話です

講師:生駒基達執事

お問い合わせ

般若心経~そのこころと写経~

電話06-6625-1771

受講料:(有料)近鉄文化サロンにお申し込み下さい。

合掌

薬師寺:ご自宅でのお写経のお申し込み

|

15日埼玉写経会

薬師寺奉賛会主催

「お写経と法話の集い」埼玉会場

12月15日(月)

埼玉県労働会館2階において開催いたします。

午前の部(9:45~12:00)満席×。

午後の部(14:00~16:15)若干余裕あり△。

般若心経のお写経を書写していただきます。

午後は申し込み多数により、部屋を2部屋に分かれてお写経していただきます。

ご参加お待ち申し上げます。

Photo交通は北浦和駅より徒歩5分です。

駐車場は少ないので、お車でのご来館はできるだけご遠慮ください

合掌 基達

薬師寺:ご自宅でのお写経のお申し込み

|

高崎薬師寺会

Photo 12月14日

13:30~

高崎地域医療センター4階ホール

講師:薬師寺執事長 村上太胤

「神と仏と日本人のこころ」

講師:薬師寺執事 生駒基達

「伝世文化とこころ」

入場:無料

ご参加下さい。

尚、午前中に開催する「お写経と法話の集い」は満席になりました。

合掌

|

12月12日東京別院

12月12日(金)は東京別院の縁日(お写経会)です。

お写経は朝9時から午後5時まで書写出来ます。

12日は大般若経の転読法要を午後1時から安田暎胤管主お導師のもと行います。この日は参拝者にも大般若経の転読を僧侶と共に参加いただきます。今年最後の東京別院での大般若経転読法要です。

法要の後、安田暎胤管主の法話がございます。

皆さんお参りにお越し下さい。

薬師寺東京別院の地図http://www.yakushiji.or.jp/about/index.html

合掌 基達

薬師寺奉賛会・お写経と法話の集い

|

インド佛蹟巡礼の旅

平成21年3月16日(月)~3月24日(火)9日間

『インド佛蹟巡礼の旅』

Photo 私が初めて佛蹟を巡礼してからもう半世紀近くになります。その間に十数回も巡礼をさせていただきましたが、最初の巡礼が最も印象深く感動的でした。その感動を一人でも多くの方に味わっていただきたいのです。

「旅は人生の学び舎」とは、高田好胤管長の言葉です。佛蹟巡礼は釈尊との出会いの旅ですが、自分を見つめる旅でもあります。インドには数千年変わらぬ古い生活と最新の文明が同居している神秘的な国です。きっと何かを学ばれると思います。ご同行をお誘いいたします。

導師:薬師寺管主 安田暎胤

<日程>

3月16日 12:40成田空港より日本航空671便にて、デリーへ到着後ホテルへ

【デリー泊:クラレモント】

3月17日 国内線でパトナへ移動・専用車でブッダ(お釈迦様)修行の地であり、晩年を長く滞在したラージギルへ・途中、ナーランダ仏教大学後を参拝。『霊鷲山』参拝。『竹林精舎』・『ビムラサ・ジャイル』参拝。【ラージギル泊:法華ホテル】

3月18日 専用車・仏陀がお悟りを開かれたブッダガヤへ移動

ブッダガヤ参拝(『マハボディ寺院』(世界遺産)『ニランジナ河』)

【ブッダガヤ泊:スジャータホテル】

3月19日 専用車・ベナレスへ移動

初転法輪の地、サルナート参拝

仏塔『ダメーク・ストゥーパ』『ムルガンドゥ・クティ寺院』・『考古学博物館』

【ベナレス泊:クラークス】

3月20日 早朝ガンジス河にてボートに乗り沐浴場参拝

専用車・ブッダ入滅の地クシナガルへ移動

【クシナガル泊:インペリアル】

3月21日 専用車・クシナガル参拝『涅槃堂』『ラマパール塚』参拝後、バルランプールへ。祇園精舎跡『サヘト』舎衛城『マヘト』参拝。ラクナウへ移動

【ラクナウ泊:クラークス】

3月22日 専用車・三道宝階降下伝承の地・サンカシャ参拝

ムガール帝国の要衝アグラへ移動

【アグラ泊:JPパレス】

3月23日 専用車・タージマハール(世界遺産)を見学後、デリーへ

日本航空472便にて、帰国の途へ

【機内泊】

3月24日 7:25 成田空港到着後、解散

●食事 朝6回 昼6回 夜5回

●添乗員 同行いたします

●募集人員 40名(最少催行人員25名)

●お申し込み締切日平成21年(2009)2月10日

●旅行代金/【成田空港発着】

 380,000円伊丹・名古屋発着の方は15,000円追加にて国内線の手配をいたします。(日本国内空港施設使用料、インド査証代、燃油サーチャージ料は含まれておりません。

●旅行社 名鉄観光サービス株式会社なんば支店

詳しい旅行条件を説明したパンフレットをご用意しておりますので、下記までお問い合わせ下さい。

<お問合せ先>

薬師寺公室 TEL 0742-33-6001 FAX 0742-33-6004

名鉄観光サービス株式会社なんば支店

TEL 0120-60-4747

合掌

|

吉野薬師寺会

1208_016講演とトーク&コンサート

12月9日(火)13:30開演

場所:大阪福島区民センター

第1部

Photo 講演:「インドのものさし」

講師:松久保伽秀 録事

第2部 トーク&コンサート

テーマ「夢をあきらめないで~難病をのりこえて」

出演者:ESPERANZAエスベランサ

主催 大阪福島区人権啓発推進協議会

入場無料

合掌 基達

|

12月8日は何の日

12月の行事といえば、世間ではクリスマスでますが、12月8日は何の日でしょうか?

Photo薬師寺の東塔には、釈迦苦行像を安置しています。

これは、平成4年に大川逞一仏師により作られた像です。

お釈迦様は29才で出家をして、悟りを求めて6年間苦行もされました。古代インドでは人間の心を惑わす欲望根源は肉体の働きであると考えられていました。お釈迦様は「肉も涸れよ、肉も爛れよ、骨よ腐れよ」という決意にもとづいて凄絶は苦行の姿を写しています。慈悲の極限というべきお姿です。

Photo_2 お写経道場には、松本哲男 画 ”「観」釈迦の苦行” を

12月14日まで安置しています。

平成4年第47回院展出品作品 80号

お釈迦様は苦行をすることのみでは悟りは開けないと、苦行をやめ、ブッダガヤの菩提樹(ピッパラ樹)の下で瞑想に入り、西暦紀元前531年12月8日暁の明星の輝きを得てお悟りを開かれました。

Photo_3 西塔には、お釈迦様の成道のお姿が安置しています。

沢田政廣仏師により昭和56年西塔落慶からお祀りしています。

降魔印といって、右手を右ひざから大地に指をつけています。

左奥のお姿は説法印です。初めて説法されたお姿です。

合掌 基達

|

納薬師縁日

12月8日は、納め薬師、終い薬師といわれ、今年最後の薬師縁日法要です。

午前11時30分から金堂の薬師三尊のご宝前で大般若経の転読法要を行います。参拝者は大般若経のお札に祈願をこめ参拝を致します。

午後1時からはお写経道場にて安田暎胤管主の法話『悟りを妨げる心』があります。(参加無料)午後3時頃終了予定です。

お写経は午前9時から午後5時迄の間で書写頂けます。

お写経納経料(般若心経1巻2千円)

今年最後の納薬師です。どうぞご参拝下さい。今年1年の思いをお写経にお書き下さい。

●「孫太郎稲荷社大祭」南門前にある孫太郎稲荷社では、12月8日午前11時から大祭がございます。

来年1月8日の「初薬師縁日法要」は、午前11時からです。1月のみ30分早くなります。

合掌 基達

薬師寺:ご自宅でのお写経のお申し込み

|

12月玄奘縁日法要

今年最後の玄奘縁日です。

月命日にあたる5日は、午後1時から玄奘三蔵院伽藍の玄奘塔にて、法要を行います。法要後、壁画殿に於いても般若心経を1巻を読誦して法要は終わりです。場所を移動して法話は、お写経道場・五観の間にて行います。

合掌 基達

|

12月のお写経の会

12月のお写経会予定

薬師寺奉賛会主催の「お写経と法話の会」のご案内

薬師寺の般若心経のお写経を皆様に書写していただきます。一文字一文字写すお経は大変な功徳があると言われています。いらいらする、ストレスの多い現代社会で自分を見失うことも多いことだと思います。心を落ち着けてお写経に向き合っていただきます。お写経を終えた後に、いわれるのが、” リセット しました ”です。

般若心経のお写経を書写していただきます。本来は筆で写していただきますが、B・2Bの鉛筆で写して頂いても構いません。初めての方でもやさしくお写経できます。一度ご参加下さい。

参加ご希望の方は、葉書、またはFAXに参加会場名と時間・氏名・ご同伴者名・〒・住所・電話番号・ファックス番号・(ご結縁者番号をお持ちの方は番号)を明記の上、薬師寺奉賛会係りまでお申し込み下さい。

お申し込み先:〒630ー8563奈良市西ノ京町457 薬師寺奉賛会係

 FAX 0742-33-6004

●12月1日広島県呉市(終了致しました)

午前9:30~12:00・午後13:45~16:30

会場:ビューポートくれ2階大会議室

講師:生駒基達執事

演題『般若心経のこころ』

納経料等:1人3,000円

●12月2日広島市・13:30~16:10(終了致しました)

会場:西区民文化センター3階大会議室A/B

講師:生駒基達執事

演題『般若心経のこころ』

納経料等:1人3,000円

●12月9日10:00~12:00(終了致しました)

Photo_2場所:岐阜県各務原市産業文化センター1Fあすかホール

講師 村上太胤執事長

演題『般若心経のこころ』

納経料等:1人3,000円

☆午後1時30分から同会場にて文化講演会を行います。

講演:村上太胤「神と仏と日本人の心」

演奏:徳山弦泉「津軽三味線」

講演:岸 朝子「食と日本人の心」

参加費:無料

●12月14日群馬県高崎市(終了致しました)

【高崎写経会】9:45~12:00

Photo 会場:高崎・地域医療センター3階

講師:生駒基達執事

『般若心経の心』

納経料等:1人3,000円

【執事長講演会】13:30~16:30

会場:高崎・地域医療センター4階ホール

Photo_2 ①講師:生駒基達執事

  『伝世文化とこころ』

②手話コーラス「マイアンツ」

③講師:村上太胤執事長

  『神と仏と日本人のこころ』

入場:無料

主催:薬師寺奉賛会・高崎薬師寺会

●12月15日(終了致しました)

午前: 9:45~12:00

午後:14:00~16:15

Photo_2場所:埼玉県労働会館2階

講師:村上太胤執事長

演題『般若心経のこころ』

納経料等:1人3,000円

※今回初めて埼玉でお写経会を致します。

以上は終了いたしました。

合掌

☆奈良薬師寺・薬師寺東京別院では毎日お写経ができます。

お写経と法話は、奈良本山では8日と第3日曜日。http://www.nara-yakushiji.com/osyakyo/

東京別院では、毎月12日と第1・第3・第4の土曜日です。http://www.yakushiji.or.jp/houwa/index.html

薬師寺:ご自宅でのお写経のお申し込み

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »