« お茶席 | トップページ | 初彌勒縁日法要 »

お茶席2

15日開催した「吉祥天にちなむお香とお茶の会」はお天気にも恵まれ、お香席、お茶席、点心、管主の法話、国宝秘仏の吉祥天女参拝とあり、約400人のご参加を頂きました。朝9時過ぎには多くの方がお越しになり、9時30分スタートのところ9時過ぎからお香席を始めました。約40人、50人以上の席もありました。

15_002 15_011昨年6月に新たにできた「まほろば会館」 を総合受付として、1階は待合席として薬師寺にご奉納頂いたお皿を展示致しました。15_003

受付で吉祥天護符を頂き、グループごとに行動します。

2階はお香席、Photo Photo_2 Photo_3 三条西堯水宗匠のご指導により聞香を頂きました。

慈恩殿はお茶席です。15_006 15_h214_2

お道具、 15_036床の軸は安田管主、

花入れは青竹(坂本曲斎作・奉納)

香合は干支(赤膚焼 尾西楽斎作・奉納)

御園棚、15_h21

車軸釜(角谷一圭作)、

15_h218 水差(九谷焼 北村隆作・奉納)、

15_h2111_2 平棗「塩屋蒔絵」(加賀 宗香作)昨年暮にご奉納頂きました。

15_h21215_h216_2 茶杓「講堂古材」(安田管主の書付『早春』)、

15_h2110 蓬莱花 茶碗(清水卯一作・奉納)、

二碗15_h215 「干支」(吉向十三軒作・奉納)、

数茶碗(大樋長左衛門・奉納)、伊藤悟山作・奉納他

抹茶は丸久小山園の「又玄(ゆうげん)」、

お菓子は、15_063 15_06915_071 一宮市にある ふくや「雪中梅」です。

菓子器は赤膚焼の銘々皿で、参加者にお年玉として持ち帰って頂きます。

お茶のあとその場で福引を致しました。15_h219 特賞は床の軸と同じ言葉の安田管主の書き下ろし『積善者福生』でした。その他、色紙、香合、恵方守りとあり、大変楽しい福引でした。

また、来年も1月15日です。

是非、ご参加下さい。

合掌

|

« お茶席 | トップページ | 初彌勒縁日法要 »

財・お香の会」カテゴリの記事