« 初詣吉祥天参り | トップページ | 初玄奘縁日 »

世界平和祈願法要

1月5日は「初玄奘縁日」【平和祈願法要】を午後1時より玄奘三蔵院伽藍の壁画殿に於いて、安田暎胤管主導師で法要を行います。

玄奘三蔵院伽藍は元日~5日まで特別公開しています。壁画殿には平山郁夫画伯筆の大唐西域壁画が納められています。7場面13壁面で、玄奘三蔵が唐の都長安を出発してインドで仏教を学び17年の歳月を経て西暦645年正月、長安に帰国されました。その玄奘三蔵の求法の道を描かれています。

玄奘三蔵がお生まれになったのは西暦600年(または602年)といわれ、隋の時代でした。西暦618年隋の国が滅び、唐の国になり、その間玄奘は戦乱を避け都を離れ地方で修行されていました。戦争を体験された玄奘は、仏教による平和な世の中を願われ、真の仏教を求め中国からインドへ仏典を求め旅をされました。帰国後はインド語の経典の翻訳をされ、『般若心経』『大般若経』『瑜伽師地論』『成唯識論』『薬師如来本願功徳経』等1335巻に及びます。西暦664年2月5日に亡くなられました。

壁画を描かれた平山郁夫画伯も広島で原爆にあい、その後、絵を描きながら平和活動をされています。

そこで、毎年1月5日は平和祈願法要を行っています。

また、荒井敦子さん他による歌の奉納、その後、五観の間において生駒基達執事の法話もあります。

どうぞご参拝下さい。

http://www.nara-yakushiji.com/contents/hatu_genjyosanzoe/index.html

合掌

|

« 初詣吉祥天参り | トップページ | 初玄奘縁日 »

参拝情報」カテゴリの記事