« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

梅花

お写経道場に向かう参道の梅の花を美しく咲いていて、いい香りに誘われ花の近くに行って良く見ると、1本の梅の木、白梅に紅梅がちらほらと咲いています。えっと思いまた良く見ると一輪に半分白で半分紅梅と混ざっているものもあります。近くで花も見てください。

017_2 016 015_2 012

合掌

|

早い桜の花です

近鉄西ノ京駅から薬師寺向かう参道に木があります。梅の花は満開で季節的に梅の花と思っていましたら、なんと桜の花が早くも咲いています。

河津桜というようです。(撮影2月26日)

002004  今日は1日小雨もようの奈良でした。

薬師寺で有名な桜は、お写経道場前の薄墨桜です。花会式の頃満開になってっくれたらと思っています。近年はお彼岸頃から咲き始めます。

合掌

|

西塔特別公開

『西塔内陣特別拝観』

Photo_2  平成21年3月1日()~

3月22日()まで(11:00・13:00・15:00)1日3回30分間、特別に西塔内陣の拝観が出来ます。

参拝者は西塔内陣に入り、僧侶と一緒にお経を読誦(どくじゅ)します。公開時間が終わると扉を閉めますのでご注意下さい。

薬師寺の西塔は、西岡常一(宮大工棟梁)が国宝 東塔を調査して創建当初の形に復元し、昭和56年(1981)4月1日~5日まで落慶法要を行いました。塔の真柱の下にはお釈迦さまの仏舎利を安置し、1階の須弥壇には沢田政廣仏師による四方四仏。Photo_3

東には

降魔成道像

(お釈迦さまのお悟りの姿)。

Photo_4 南には

初転法輪像

(お釈迦さまが初めてお説法された姿)。

Photo_5 西には

涅槃像

(北枕で西を向いて横たわる、お釈迦さまのお涅槃のお姿)。

Photo_6 北には

彌勒如来像

(お釈迦さまの死後、56億7千万年後に現れる未来の仏。白鳳時代の創建当初はお釈迦さまの仏舎利を分ける八分舎利の塑像が安置されていたと伝えられています。)

西塔の天井には、東塔内陣天井に描かれているPhoto_7 「宝相華文様」を復元しています。「宝相華(ほうそうげ)」は極楽に咲く花といわれています。繧繝(うんげん)彩色の技法です。

Photo_8中門に安置されている 二天王像(平成3年復元)の彩色にも繧繝彩色の技法が使われています。二天王像の図柄は唐時代・敦煌莫高窟彩色を取り入れて復元されています。

西塔内陣の柱には、北海道旭川の織物で優佳良織(ゆうからおり)の「幡(ばん)」があります。優佳良織の創設者木内綾織元(故H18年)が北海道の代表的な四季の景色を織り上げご奉納いただいたものです。

北海道旭川に行かれたら、旭山動物園が有名になりましたが、北海道を代表する織物、優佳良織(ゆうからおり)工芸館にも行って下さい。優佳良織工芸館には、薬師寺に奉納された幡と同じものが展示してあります。

動物園といえば今話題の日本最北端の旭山動物園があり、2月7日から映画『旭山動物園物語』が全国で公開されています。映画の中でも園長と市長が話をしている横に優佳良織が掛けられています。廃園寸前の動物園を園長と飼育係たちの力によって今や年間入園者数300万人を超える動物園になりました。その飼育係たちが直接見学者に動物の説明をするところがあります。解説を聞くとより深く身近に感じるもので動物の魅力を伝えることができ大切なことです。

Photo 薬師寺では、高田好胤和尚(H10年遷化)が副住職の時代から薬師寺を訪れる人、中高生の修学旅行生に仏さまについて、寺についてユーモアを交え案内をされていました。今も薬師寺では僧侶が参拝の方に20分程度の説明をしています。修学旅行で薬師寺に訪れて話を聞かれた方も多いのではないかと思います。

ガイドブックもパンフレットもありますが、僧侶の話を聞いていただくことにより、仏さまの姿や心を身近に感じていただけると思います。「感謝・おかげさま・生きている」いや、いろいろな方のおかげで暮らせていることに気づいていて、幸せに生き生き生きていただければと願っています。

薬師寺では、毎日金堂で随時法話をしています。

合掌

|

25日帰国

25日今朝「世界遺産パリ・イタリア周遊」より山田副住職一向無事に帰国いたしました。寺内の法話会などでパリの声明講演の話など聞かせていただけるかと思います。みやげ話が楽しみです。ご参加いただいた方お疲れ様でした。

合掌

|

3月広島薬師寺会

3月26日午後1時から広島市・西区民会館3階において、広島薬師寺会・ミニまほろば塾を開催します。

当初は「お写経と法話の集い」を予定していましたが、お写経の会は中止とし、法話のみの会になります。

花会式行事の前なので、演題を『修二会 花会式 薬師悔過』としてお話をいたします。講師・生駒基達

H20_1画像

(平成20年の金堂 花会式)

参加ご希望お方、お問い合わせは、広島薬師寺会 お世話人 北林 一彦 まで連絡下さい。

連絡先 : 090-8719- 4191

合掌

|

春のおとずれ

寒いと感じていても、梅の花が咲き、地面に目を向けると「ふきのとう」が顔を出しています。002

皆さんの地域でも春の足音が聞こえてくるでしょう。

合掌

|

野梅

Photo_2015_2 東院堂の南側に、遣隋使1400年を記念して植樹された梅の木に花が咲きました。脇には日光梅という銘の紅梅と月光梅という銘の白梅が咲いています。011 009

合掌

|

2月22日名古屋

『名古屋薬師寺会』のご案内

2月22日(

13:30~15:30

講師 松久保秀胤薬師寺長老Photo

※参加対象は一般です。当日直接会場にお越し下さい。

参加費 お一人500円

会場 メルパルク名古屋(NAGOYA)

会場へは、JR・地下鉄「千種駅」下車

1番出口または地下鉄「車道駅」3番出口より徒歩2分

合掌

|

まほろば塾松山塾

薬師寺21世紀まほろば塾(松山塾)に750人の参加がありました。

合掌

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20090221-OYT1T00786.htm

|

2月21日まほろば塾

松山塾、本日開講です。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

薬師寺21世紀まほろば塾(松山塾)

平成21年2月21日(土)午後1時開講(12時30分開場予定)

松山市総合コミュニティーセンター

参加無料

演台 「日本のこころ」

講師 平岩弓枝氏(作家)

対談 「こころの時代」 滝田栄氏(俳優)、安田暎胤(薬師寺管主)

合掌

|

声明

パリで行った声明とは「薬師悔過」といって、毎年3月30日から4月5日まで薬師寺金堂・薬師如来の宝前に10種類の造花を供え、称えられるお経です。薬師寺の代表的な行事『修二会 花会式(しゅにえ はなえしき)』声明です。花会式では声明の他、奉納行事(献茶、献香、百華能、稚児行列など)もあり、華やかな春の行事です。

声明の関連記事・読売新聞からはこちら。「声明雅楽世界

合掌

|

東塔水煙

Photo_2  東塔の相輪部に残る金が、太陽の光によりきらきらと光っています。

天気の良い日には、上を見上げて下さい。角度によって金色に輝きます。

合掌

|

ニュース・パリ声明

2月18日読売新聞夕刊の1面に「薬師寺の僧侶 パリで声明披露」の記事が出ています。

インターネットでは読売新聞・社会・ 文化にあります。

合掌 基達

|

寒い奈良

今日は2月らしい寒い日になり、時折雪が舞う天気です。

先日の暖かさにより、寒暖の差が激しくより以上に寒さを感じるようです。

その様な中でも、北門より境内に入って行くと、東僧坊の北側に梅の木があり、赤や白の花が咲いています。(全体としては4分咲き程度)Photo_2

合掌

|

平常の写経道場

2月15日の第3日曜日まで奈良のお写経道場には、お涅槃の絵をお祀りしていましたが、今日からは通常のお写経道場にもどり、正面には『南無佛』と書かれた軸をご本尊として、前には瑠璃で作られた薬師如来さまを安置しています。Photo

お写経者は朝9時から17時の間お写経できます。

昨日と違って、風もあり寒い一日の奈良でした。

今朝からパリに向け副住職・執事長他、出発しました。パリの気温はどうでしょうか。

合掌 基達

|

暖かい日々

昨日も今日(15日)も暖かい奈良でした。

例年2月の彌勒縁日法要は寒くて、大講堂の正面の扉を閉めて法要をするほどなのに、今日は大講堂の扉全開でした。

暖かいことは嬉しいのですが、これで本当に良いのか心配です。

地球温暖化で春が短く、すぐに30度の暑さが来るのではないかと思います。

国も企業も個人もCO2の削減に努力が必要と思います。

<平城遷都1300年祭海外情報発信事業INパリ声明公演>

2008ビジット・ジャパン・キャンペーンの本部事業として、観光庁が主催で、関西の世界遺産及び2010年に開催される「平城遷都1300年祭」を欧州の方々に紹介することにより、欧州から関西への観光客誘致を図るとともに、関西での通過型から宿泊滞在型観光への促進を目指すことを目的に開催される。

17日パリにある日本文化会館において、奈良県及び平城遷都1300年祭のプレゼンテーション記念講演
安田暎胤管主の「心のまほろばを求めて」
声明公演「南都声明・薬師悔過」を行います。

薬師寺からは、今日一足先にパリに向け、安田管主、奘基、谷口、山田の4名が出発しました。

明日は、山田副住職、村上執事長、良明、伽秀、澤應のA・B両コース一行がパリに出発します。

今日、個人旅行でパリから帰ってこられた方のお話によると、パリはー3度と寒い所のようです。緯度からいうと北海道の北、カラフト辺りに位置します。急に寒いところに行くので、風邪など体調には気をつけ行ってください。

合掌 基達

|

2月15日

参拝団体の方に、12月25日は何の日と尋ねるとクリスマス。2月14日はと尋ねると聖バレンタインデーと皆さん答えられました。

では、4月8日、12月8日、2月15日と尋ねると、私の誕生日です。とか12月8日は大東亜戦争(太平洋戦争)開戦記念日と答えられる方もありました。

仏教では、お釈迦さまのお誕生日(花祭り)は4月8日

おさとりの日(成道会)は12月8日

お涅槃の日は2月15日です。しかしほとんど知られていません。

クリスマスやバレンタインデーはプレゼントが行き交うから覚えているのでしょうか?

薬師寺では2月15日「彌勒縁日法要と法話・お写経会」です。

お写経道場には、山中雪人画伯筆のお涅槃の絵を安置しています。午前11時からお経を唱え、11時半から大講堂に於いて彌勒縁日法要を行います。

午後1時からお写経道場では、般若心経、舎利和讃、舎利礼文を参拝者と一緒にお唱えします。

その後、山田法胤副住職による法話「釈尊の生涯(13)」がございます。(参加無料)

8日と第3日曜日のお写経会は朝9時から夕方5時まで書写出来ます。薬師寺の当日参拝券と昼1時過ぎまでの昼食券(うどんのお接待をしています)を出しています。

ご自宅でお写経をご希望の方には、持ち帰り用のお写経がございます。般若心経(1巻2,000円)

インターネットによる、お写経のお申し込みは こちらです 

合掌

|

仏教

お釈迦さまのこと知ってますか

誕生日(花祭り)は○月○日

おさとりの日(成道会)は○月○日

お涅槃の日は○月○日

皆さんいかがですか。

では次に、

クリスマスは○月○日

聖バレンタインデーは○月○日

でしょうか。

|

白浜薬師堂縁日

毎月12日は和歌山県の白浜温泉にある薬師堂では、午後7時30分より、法要と法話があります。

お近くのお方は是非お参り下さい。

場所は、海水浴で人気の白良浜のすぐ横です。浜通りに面したところで、白浜館の斜向かいにあります。

合掌

|

東京縁日

毎月12日は東京別院の縁日です。

『大般若経転読法要と管主法話』午後1時より

安田管主法話『釈尊の遺教』

お写経は3階のお部屋で書写していただけます。

皆様も参拝をお待ち申し上げます。

お涅槃のお経は『舎利和讃』・『舎利礼文』等を唱えます。

合掌

|

水仙の香り

Photo 今朝、水仙の香りに誘われて花が咲いていることに気が付きました。

慌ただしく過ごしていると、花が咲いていることも気づかず通り過ぎていました。

寒さの中にも、元気に咲いています。

合掌 基達

|

ホテルでお写経

リーガロイヤルホテル なごみサロン

ホテルで過ごす写経のひととき 第5回

H1 平成21年2月10日(火曜日)13:00~16:00(12:30受付)

講師 村上太胤執事長

会場 クラウンルーム(タワーウイング28階)

受講料 4,000円(お写経納経料を含む)

R_009 詳しくは、リーガロイヤルホテル大阪まで。http://www.rihga.co.jp/osaka/culture/kouza0120/index.html

合掌

インターネットによる、薬師寺お写経のお申し込みは こちらです 。

|

松山塾2月21日

薬師寺21世紀まほろば塾(松山塾)

平成21年2月21日(土)午後1時開講(12時30分開場予定)

松山市総合コミュニティーセンター(定員500名)

参加無料(先着申し込み制)

演台 「日本のこころ」

講師 平岩弓枝氏(作家)

対談 「こころの時代」 滝田栄氏(俳優)、安田暎胤(薬師寺管主)

ハガキの宛先 〒530-8551 (住所不要) 

   読売新聞大阪本社企画事業部  薬師寺21世紀まほろば塾係 宛

ファックスの方 FAX 06-6881-7004 薬師寺21世紀まほろば塾係 宛

ホームページ 応募ホームは こちらです

薬師寺21世紀まほろば塾

☆その他

上記とは別に、2月9日は岐阜グランドホテルに於いて、ミニまほろば塾を開催します。

有料申し込み制です。

合掌

インターネットによる、薬師寺お写経のお申し込みは こちらです 。

 

|

2月薬師縁日

毎月8日は「薬師縁日・お写経会」です。

11時30分から金堂において大般 若経の転読法要がございます。

Photo昼の時間、東西両塔の開扉があります。

お写経道場では、夕方5時までお写経会を致しています。Photo_2

午後1時からお写経道場では、お釈迦さまのお涅槃画像に向かって般若心経・唯識三十頌を唱え、安田暎胤管主が法話『釈尊の遺教』を致します。午後3時まで。

<お写経を書かれるお方へ>

般若心経(1巻2,000円)約60分前後で書写できます。お写経道場の受付でお申し込み下さい。8日と第3日曜日は当日お写経道場でお申し込みの方に、薬師寺の当日参拝券と昼1時過ぎまでの昼食券(うどんのお接待をしています)を出しています。

ご自宅でお写経をご希望の方には、持ち帰り用のお写経がございます。般若心経(1巻2,000円)

インターネットによる、お写経のお申し込みは こちらです 。

東塔の仏さま

西塔の仏さま

合掌

|

お涅槃の月

0 奈良薬師寺お写経道場には、2月15日までお涅槃の絵(山中雪人画伯)を本尊としてお祀りしています。

お釈迦様は西暦紀元前486年2月15日(衆聖點記説)インドのクシナガラの沙羅双樹のところでお涅槃にお入りになりました。

絵は頭を北にして横たわっておいでのお釈迦様と寄り添うように鉢を持っている、常在給仕のアーナンダの姿が描かれています。

合掌

|

梅の香り

Photo_2 Photo_3

Photo_5 画像はお写経道場へ向かうところです。

合掌

|

2月5日玄奘縁日

2月5日は中国・唐時代の高僧 

玄奘三像法師のご命日に当たります。

西暦664年2月5日に入寂されました。

薬師寺玄奘三蔵院伽藍では、午後1時より玄奘塔で法要を行い、法要後、お写経道場の五観の間において、法話を致します。

合掌

|

節分お水汲み祭り

大阪堂島薬師堂節分 お水汲み祭り

Photo 薬師堂横では、不動明王を安置して薬師寺南都修験道による護摩修法が行いました。

薬師堂 草月流の献華008007

・・・・・・・・竹筒護符005 006 

・・・・・・・・アバンザ内特設ステージ

安田暎胤管主挨拶010_2 

鬼と龍の入魂の儀019

北新地の芸者さんの舞014  

北新地クイーン025 020

合掌

|

竹筒護符

Photo 朝5時、堂島薬師堂奉賛会・お水汲み関係者が金堂に参拝され、ご祈祷した竹筒護符とお香水を堂島薬師堂へ持ち帰られました。

合掌

「お水汲み竹筒護符」

「お水汲み」は水に感謝する大阪・堂島薬師堂のおまつりです。

かつて堂島薬師堂には井戸がありました。この井戸水を汲み、薬師如来に供えて、身体健全、開運招福・家運隆昌等の信仰を集めてまいりました。この度の「お水汲み」の水は、奈良薬師寺金堂に千三百年にわたり渾渾と湧き出る井戸水を薬師如来の御宝前に供えた「お

香水

(

こうずい

)

」と、大阪の「堂島薬師堂の上水」をあわせた「堂島お薬師さんの水」であります。竹筒護符に入れられたほんの少しの「堂島お薬師さんの水」は竹筒護符自体に浸透します。ご家庭の水(水道水等)を入れて下さい。お香水がしみ出してまいります。この浄水を神棚や仏壇にお供えしたり、またはお店の一角に飾り、打ち水(清め水)としてお使い下さい。身体健全、開運招福、千客万来、家内安全をご祈願下さい。竹筒護符には、随時水を注ぎ足し、「お水汲み竹筒護符」としてお祀り下さい。
(この水は飲み水ではありません。)

|

節分

2月3日の節分は全国各地で行事が行われます。

●奈良薬師寺では、朝5時より大阪堂島薬師堂の節分・お水汲み祭りのお水のご祈祷を行います。

●大阪堂島薬師堂では、午前11時から薬師堂内の上水を汲み、お堂にて祈祷をいたします。奈良薬師寺のお香水と混ぜ、午後3時ごろより竹筒にお水汲みを致します。

午後5時半から薬師堂にて、安田暎胤管主、山田法胤副住職、村上太胤執事長他で節分法要を行います。

6時からアバンザの中で式典、その後、龍と鬼の清めがあり、北新地の中を練り歩きます。

薬師堂では護摩木に祈念をいただき、護摩供養を行います。午後9時半頃まで。

●薬師寺東関東別院・潮来にある水雲山潮音寺では、節分厄除祈願、鬼追い式、豆まきを行います。

蓼科山聖光寺・長野県茅野市蓼科高原にある寺でも、節分星供除災招福祈祷法要を行います。

合掌

|

喜光寺

毎月2日は奈良 清涼山 喜光寺(きこうじ)の縁日

午後1時より喜光寺住職(薬師寺副住職)山田法胤の法話があります。

喜光寺へは、近鉄橿原線尼ヶ辻駅下車 徒歩(西大寺駅と西ノ京駅の間の駅です)

喜光寺は、奈良時代の僧、行基菩薩の入寂の寺です。西暦749年2月2日に82歳で入寂されました。毎年2月2日に行基会大祭を行っていましたが、今年から大祭を3月2日に変更となりました。

行基菩薩は、薬師寺の2代目の住職です。

合掌

行基会大祭のご案内

喜光寺

|

2月1日水のご祈祷

2月1日から朝5時の勤行にて、薬師寺金堂のお香水(おこうずい)と薬師寺境内の井戸水を金堂薬師三尊に3日間お供えし、安田暎胤管主導師により薬師悔過のお経を唱えご祈祷を致します。これは2月3日に大阪堂島薬師堂にて行われる「節分・お水汲み祭り」の竹筒護符に汲み入れるお水になります。

合掌

|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »