« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

埼玉・お写経会

〈埼玉写経会〉

埼玉県労働会館2階
さいたま市浦和区常磐

     (北浦和駅から徒歩5分)
日 時 平成21年5月19日(火)

           午前・午後・夜間
午前の部 9:45~12:00
午後の部 14:00~16:15
夜間の部 18:30~20:30
講 師 生駒基達執事『般若心経の心』

納経料等:1人3,000円(当日受付)

参加にはお申し込みが必要です。

「お写経と法話の会」のご案内

薬師寺の般若心経のお写経を皆様に書写していただきます。一文字一文字写すお経は大変な功徳があると言われています。

いらいらする、ストレスの多い現代社会で自分を見失うことも多いことだと思います。心を落ち着けてお写経に向き合っていただきます。お写経を終えた後に、いわれるのが、” リセット しました ”です。

般若心経のお写経を書写していただきます。本来は筆で写していただきますが、B・2Bの鉛筆で写して頂いても構いません。初めての方でもやさしくお写経できます。一度ご参加下さい。

参加ご希望の方は、葉書、またはFAXに参加会場名と時間・氏名・ご同伴者名・〒・住所・電話番号・ファックス番号・(ご結縁者番号をお持ちの方は番号)を明記の上、薬師寺奉賛会係りまでお申し込み下さい。

お申し込み先:〒630ー8563

         奈良市西ノ京町457

    薬師寺奉賛会係

     FAX 0742-33-6004

合掌

☆奈良薬師寺・薬師寺東京別院では毎日お写経ができます。

お写経と法話は、奈良本山では8日と第3日曜日。

http://www.nara-yakushiji.com/osyakyo/

東京別院では、毎月12日と第1・第3・第4の土曜日です。http://www.yakushiji.or.jp/houwa/index.html

薬師寺:ご自宅でのお写経のお申し込み

|

5/1TV都のかほり

5月1日夜8時54分から放送です。

~宝相華 ~薬師寺

http://www.tv-asahi.co.jp/miyako/back/2009/04/27_01/fryday.html

合掌

|

おおやまれんげ

005 白鳳伽藍の回廊では、おおやまれんげの鉢が並んでいます。

まだつぼみですが、白い可愛らしい花が咲きます。

00003  001

合掌

|

体験修学旅行

010 29日木曽の大桑中学校の皆さんが修学旅行で薬師寺を訪れてくれました。

薬師寺白鳳伽藍復興は宮大工の仕事によって出来ていることについて体験学習をされました。

012016  薬師寺の匠、石井大工より、チョウナとヤリガンナの使い方の説明と実演。そして先生が代表してヤリガンナに挑戦です。

013 木は電気カンナで仕上げられているところを、さらにヤリガンナで仕上げています。ヤリガンナで削られたとろは光っているのが分かります。

電気カンナは刃が回転しながら木を削ります。厳密には、はつるといった方が良いかもしれません。顕微鏡で見ると毛羽立ちがある状態です。ヤリガンナは恐ろしく良く切れる刃で木を削ります。木の細胞を壊すことなくスパッと切られています。

ヤリガンナは、西岡常一棟梁により復元された、古代の大工道具です。

合掌

|

大宝蔵殿・聚寶館

019_2 019 薬師寺大宝蔵殿・聚寶館
『奉納品特別公開』

~近代佛教絵画を中心として~

平成21年4月29日~5月5日

期間延長決定

     平成21年4月29日~5月6日

午前9時~午後5時(入館4時半)

特別拝観料 1人500円

(なお薬師寺の拝観料が別途必要です)

017 聚寶館から大宝蔵殿の途中に亀井勝一郎先生の碑があります。

合掌

|

オペラ『遣唐使』

Photo_3【放送予定】

6月10日「時の記念日」

平成21年6月10日、ロレックス(ROLEX) TIME DAY 2009 IN 薬師寺・薬師寺玄奘三蔵院伽藍特設舞台にて、遥かなる時を超えて オペラ『遣唐使』~安倍仲麻呂~が奉納される。

芸術監督・作曲・指揮 松下 功
原作・台本 上野 誠
監修 山田 法胤
演出 直井 研二
舞台監督 賀川 祐之
照明 長尾 毅敏
音響 河岸 芳人
舞台 岸野 浩之
[出演]
阿倍仲麻呂(バリトン) 福島 明也
遣唐使(テノール) 吉田 浩之
唐の高僧(バス) 黒木 純
李白の侍女(ソプラノ) 菅 英三子
遣唐使の母(能楽) 野村 四郎
尺八 山本 邦山
箏 萩岡 松
声明 薬師寺僧侶
オーケストラ アンサンブル東風
(コンサートマスター 澤 和樹)

平成21年6月10日(水曜日/「時の記念日」)午後7時開演(開場:午後6時30分)

S ¥ 7,000/A ¥ 5,000/B ¥ 3,000 ※全席指定。未就学児のご入場はご遠慮ください。

上野誠 プレトーク◎午後6時より午後6時30分まで、薬師寺写経道場で、本公演の原作者の上野誠によるプレトークを行います。

〈主催〉ROLEX TIME DAY 

〈特別協力〉法相宗大本山 薬師寺 

〈後援〉(社)平城遷都1300年記念事業協会 
〈マネージメント〉キョードー大阪 

〈お問い合わせ〉キョードーチケットセンター TEL06-7732-8888(10:00~19:00) http://kyodo-osaka.co.jp
〈チケット発売所〉チケットぴあ◎0570-02-9999(Pコード:317-370) http://t.pia.co.jp/kyodo-osaka +ぴあ各店舗 

ローソンチケット◎0570-08-4005(Lコード:53571) http://l-tike.com +ローソン各店舗 
CNプレイガイド◎0570-08-9999 http://cncn.jp/k-o/ 

e+(イープラス)◎http://eplus.jp 

阪神プレイガイド◎窓口販売のみ 

※0570ではじまる電話番号は、一部携帯電話及びPHS・IP電話・ダイヤル回線からご利用になれません。

★薬師寺でのチケットの発売は致しておりません。

★先行抽選販売「プレリザーブ」の受付が下記アドレス等でされています。

http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0905987

http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002028488P0050001P006010P0030001

★チケットの一般発売は、5月2日10時発売です。

合掌

|

4/28放送NHK総合

NHKプロフェッショナル 仕事の流儀

不安の先に、光明はある

    文化財輸送・海老名和明

平成21年4月28日夜10時から10時50分。NHK総合テレビ

日本通運・美術顧問、海老名和明(62)「現代の名工」にも選ばれた文化財輸送のスペシャリスト。

昨年の『国宝 薬師寺展』、『もうひとつの薬師寺展』でも大変お世話になった海老名さんです。

今、東京国立博物館・平成館で開催中の興福寺の『国宝 阿修羅展』に阿修羅立像を運搬する舞台裏に密着取材した番組のようです。

薬師寺のブロンズの日光月光両菩薩、聖観世音菩薩に比べ、阿修羅像は手が6本あり、材質は乾漆像で非常に壊れやすいものだと思います。どうやって東京までの長旅をされたのか番組が楽しみです。

『国宝 阿修羅展』の展示では、昨年の『国宝 薬師寺展』と同じように、阿修羅像を360度の角度から、少し上段からも拝めるように工夫されています。上段のところには、子供さんや車椅子の方用にのぞき窓も造られていました。連日多くの方が行かれていました。

来年(2010年)は平城遷都1300年記念の年です。展覧会をご縁に是非、奈良へもお越し下さい。東京日本橋には奈良県の情報発信拠点奈良まほろば館があります。

合掌

|

玄奘三蔵大祭準備

003 5月5日の『玄奘三蔵会大祭』準備ため、玄奘三蔵院伽藍にテントを設置工事中です。ご参拝の皆様にはご迷惑をおかけいたします。

なお、玄奘塔、壁画殿には参拝いただけます。

合掌

|

うましうるわし 奈良

JR東海 うましうるわし奈良 薬師寺編

JR東海 いま、ふたたびの奈良へ。2006年 夏 薬師寺編

うましうるわし 奈良 「Again」

【youtubeにあるJR東海のCMです】

合掌

|

大阪千里中央

『般若心経 写経と法話』のご案内

大阪の千里中央にある、「よみうり文化センター千里中央」において、4月~9月まで月1回の全6回オープンセミナーを行います。お申し込みは3ヶ月ごとになります。

4月27日(月)「お釈迦さま誕生」

5月25日(月)「父母の恩」

6月15日(月)「般若心経のこころ」

7月27日(月)「お盆とは何か」

8月24日(月)「地獄」

9月28日(月)「般若心経の智慧」

講師 生駒基達 薬師寺執事

開催時間 13:30~15:30

受講料  3回 6,615円

お写経納経料 1巻2,000円(毎回)

経本代1冊200円(初回のみ)

はじめに、お写経を1時間書写いただき、後の1時間法話を致します。

ご参加の方は、筆、筆記用具をお持ち下さい。硯、文鎮、墨はございます。お写経は当日お渡しいたします。

この講座のお問い合わせは、こちら

よみうり文化センター千里中央

〒560-0082

大阪府豊中市新千里東町1-1-3

TEL:06-6833-5031

FAX:06-6832-9028

ご参加お待ち申し上げています。

合掌

|

南門前の桜

019 030 南の駐車場から参道を歩いてくると、牡丹の花が咲いています。

026020 南門のところには、薬師寺で一番遅く咲く山桜が満開です。

018 お写経道場の前は、ヒラドツツジが満開です。

合掌

|

薬師寺奉賛会入会

『薬師寺奉賛会ご入会のご案内』

古い歴史と文化を有する寺の使命は、先人の美しいまごころの結晶である世界文化遺産の保存継承、修理復興、さらには仏ごころの種まきにあると存じます。薬師寺ではより多くの皆様のお力を得まして、薬師寺の礎を固め、仏法興隆・白鳳伽藍完成・玄奘三蔵顕彰・心の復興などの諸事業を行って参ります。

どうか意のあるところをご理解頂き、「薬師寺奉賛会」にご入会賜りますようお願い申しあげます。

◇年会費1口1万円です。(更新は毎年5月です)

◇ご入会お申し込みは、現金書留にて薬師寺までお送り下さい。

〒630-8563 奈良市西ノ京町457 薬師寺奉賛会 係り

TEL 0742-33-6001

FAX 0742-33-6004

|

満開の牡丹

015_2 014_3

003 

|

4月彌勒縁日法要

4月19日(第3日曜日)

『彌勒縁日法要と法話・お写経会』

11時30分より約1時間、大講堂に於いて、『彌勒縁日法要』を行います。

13時00分よりお写経道場にて山田副住職による法話『釈尊の生涯(15)』があります。参加無料(15時頃迄)

お写経は9時から17時までお写経道場にて書写いただけます。

納経料は、般若心経 1巻2,000円

ご参拝下さい。

薬師寺のお写経http://www.nara-yakushiji.com/osyakyo/ご自宅でお写経できます。(初めての方でもかんたんです。)

合掌

|

薬師寺東京別院

薬師寺東京別院での法話会

004 4月18日(土)

『般若心経の心』

村上太胤執事長 13時より

4月19日(日)唯識講義『唯識三十頌を説く』

松久保秀胤長老14時より  

4月25日(土)東京行基さんの会

山田法胤副住職10時30分より

006 住所〒141-0022東京都品川区東五反田5-15-17

電   話03-3443-1620

ファックス03-3449-5963

参加無料

ご参加下さい。

東京別院では、お写経道場があります。

合掌

|

奈良まほろば館

002 奈良県のアンテナショップとして4月4日からオープンしている『奈良まほろば館』では、奈良県の情報発信拠点としてイベント情報、観光情報、宿泊情報が得られます。また特産物なども買うことができます。

場所は、東京の日本橋三越本店の向かいにあります。ビルの1階・2階です。

奈良まほろば館(奈良県東京事務所)

〒103-0022

東京都中央区日本橋室町1-6-2 日本橋室町162ビル1F・2F

ぜひ行ってみてください。

入口には、2010年「平城遷都1300年記念事業マスコットキャラクターせんとくん」が出迎えてくれています。

また、ウインドウには阿修羅像の大きな写真があります。

上野の東京国立博物館平成館では興福寺の国宝『阿修羅展』が開催中です。)

【奈良まほろば館2階】

奈良まほろば館の2階のイベントスペースでは「奈良モノクロ展」が4月24日まで開催されています。

モノクロの「盆石」と「切り絵」で奈良の風景や仏像を表現しています。

予約制で切り絵作者の西村幸祐氏による切り絵教室も開催されていました。

0_2  黒い和紙に切り取る仏像が白く印刷されている。その白い部分をカッターナイフを使い切り取り完成。020

力を入れないでカッターナイフを動かすのがコツのようです。

また1階では、和州遠山流家元による盆石の実演も行われたようです。

これからも、楽しい企画がいっぱいあるようです。

【南都法話会】

11月28日(土)薬師寺執事 大谷徹奘が、奈良まほろば館で法話を致します。(要予約)

詳しくは、奈良まほろば館のホームページをご覧下さい。

合掌

|

シャクナゲ

034 近鉄西ノ京駅から冠木門(かぶきもん)までの間のところ参道(お写経者専用駐車場)に赤いシャクナゲが咲いていました。

合掌

|

牡丹の花

031
近鉄西ノ京駅を出て、薬師寺の冠木門(かぶきもん)を入り玄奘三蔵・お写経道場へ向かう石畳の両側には、もう早くも牡丹の花が咲き始めました。

032
合掌

|

今日は一日雨のお天気でした。

道路を歩いて気が付いたのですが、水溜りが黄色いのです。

松の花が咲いてきました。松花粉です。

しばらくは松の花粉で車も黄色くなることでしょう。

杉から檜、松と花が咲き花粉が舞っていて洗濯物も外に干せないでおられる方も、松花粉が終われば思いっきり干せると思います。

花粉症の方もあと少しの辛抱でしょうか。

合掌

|

小豆島巡錫

5月13日から16日まで3泊4日で小豆島八十八箇所めぐりを致します。

今年は山田法胤副住職導師で行きます。

皆様、是非ご参加下さい。

合掌

|

4月12日潅仏会

東京別院『潅仏会

4月12日 13:00〜

薬師寺東京別院縁日(お写経会)

『大般若経転読 法要と法話』

導師 安田暎胤 管主

管主法話 『輪廻転生・釈尊降誕』

お写経会 9:00〜17:00

東京別院潅仏会

合掌

|

山吹

028_3017_2 境内の山吹が黄色、白色と咲き始めました。

山吹といえば、太田道灌で有名な和歌に「七重八重 花は咲けども山吹の みの一つだに無きぞ悲しき」があります。

016山吹の花は咲けども実がならないといわれています。

黄山吹は実がならないのですが、白山吹は実がなります。

また、すぐ傍の梅の木を見ると花が終わり、かわいい実がついています。6月の収穫が楽しみです。026_2

合掌

|

白浜薬師堂花会式

003 4月12日は白浜薬師堂の花会式です。

午後1時30分より薬師悔過の法要を行い、法要後餅まき、地蔵ながしを行います。

薬師寺の花会式の造花を持って行き、薬師堂にお供えいたします。

合掌

|

桜満開

春爛漫
今日は雲ひとつ無い青空の薬師寺で、青丹よしの伽藍が美しく、西塔の北側の桜では桜吹雪が綺麗でした。
画像が無いのが残念です。合掌

|

機関誌第159号

159_004 薬師寺の情報誌 機関誌

『薬師寺』159号では

特集 奉納された近代仏教絵画に見る

『お釈迦さまの生涯』

159_009 機関誌『薬師寺』第159号の目次book

・宗教芸術の魅力・・・管主 安田暎胤

【特集 奉納された近代仏教絵画に見るお釈迦さまの生涯】

・お釈迦さまの生涯(入胎から成道まで)・・・高次喜勝

    町田曲江画伯筆「入胎」

    山中雪人画伯筆「釈迦誕生」

    町田曲江画伯筆「占相」

    松本哲男画伯筆「苦行釈迦」

・お釈迦さまの生涯(成道から涅槃、その後の信仰)・・・村上定運

    須田剋太画伯筆「禅定」

    澤田政廣先生筆「転法輪」

    山中雪人画伯筆「涅槃」

    町田曲江画伯筆「涅槃」

    佐藤潤四郎先生作「玄奘三蔵舎利外容器」

    佐藤潤四郎先生作「佛足跡」

連載 「聖徳太子と憲法十七条」その九・・・山田法胤

シリーズ「なぜなに仏教」⑨・・・生駒基達

・百万塔ご奉納者芳名録

・三千仏ご奉納芳名録

・東京別院便り

・白鳳歌壇

・白鳳俳壇

・広目多聞

・お写経勧進報告

・全国法話会のご案内

 (各法話会お問い合わせ先)

・春の大宝蔵殿特別公開のご案内

平成21年4月2日発行

機関誌ご購読のおすすめ

合掌

|

4月8日花まつり

009 4月8日はお釈迦さまのお誕生日です。

006010  大講堂の中に花御堂をつくり、お釈迦さまの誕生佛をおまつりして、甘茶をかけて祝います。

<薬師縁日法要>

005 午前11時半より金堂において大般若転読法要を行います。金堂のあと、東西両塔で般若心経を唱えます。

午後1時よりお写経道場にて安田暎胤管主の法話がございます。

<お写経>

012 午前9時から午後5時までお写経できます。

写経道場には誕生の絵が安置しています。

合掌

|

花よりだんぐ

060 【薄墨桜】

寒かったこともあり薄墨桜も花会式間、花が散らずに咲いていました。例年のことですが雨や強風もあります。しかし大勢の参拝者に見てもらおうと桜も頑張ったようです。花会式に花を添える賢い桜です。

【奈良に春を告げる行事】

東大寺の修二会・お水取りが終わると”春が来ると”いわれ、薬師寺の修二会・花会式が終わると”春が来た”といわれています。4月6日はお天気もよく、暖かい一日となり、まさに”春が来た!”といえます。

009059  薬師寺では、花会式にお供えの造花・お餅(壇供だんぐ)を花会式でお世話になった方などに花わけ(花配り)をいたします。造花・護符・お守りに壇供を配ります。きれいな造花も良いが、一週間薬師三尊にお供えされた、練行衆が精進潔斎して1日6回お経の上げられた壇供(お餅)がありがたいということから『花より壇供(だんぐ)』といわれています。ここから『花よりだんご』となったそうです。

合掌

|

花会式から1日

4月6日(月)

今朝、朝5時の勤行あと無事満行の練行衆は、休ヶ岡八幡宮に社参して花会式は終了いたしました。

御膳料(お供)、行見舞い等ありがとうございました。

ご奉仕下さった、青年衆、八日講、浄心会、薬師講の皆様ありがとうございました。

合掌

|

花会式第7日目

4月5日(日)第7日目(結願日)P1000322

<野点席>

遠州流

奈良支部

大阪支部

<玄奘縁日法要>

P1000263 13:00より玄奘三蔵院伽藍において法要がございます。

<法話>

14:30~16:30(お写経道場)

山田法胤副住職

「花会式と薬師悔過」

<花会式結願法要>

P1000295  18:30 神供作法

金堂の東側の基壇より練行衆が松明を投げます。

0 001危険ですので参拝者は十分ご注意下さい。

19:00 薬師悔過行法P1000313P1000317_2

Photo 金堂の内の結願法要を参拝されるには、入堂券が必要になります。

入堂券はお写経道場にて、山田副住職の法話の後配ります。

20:30 鬼追い式P1000298P1000325P1000326

松明を持った鬼が暴れ、その後毘沙門天により退治されます。

※法要の進行状況により時間は前後いたします。

★画像は平成21年4月5日撮影

合掌

|

花会式第6日目

4月4日(土)第6日目

雨の中稚児行列が行われました4_001

【奉納行事】

<稚児行列>

4_002 12時45分過ぎ

(雨天時は回廊12時50分出発です)

<柴燈大護摩>

Photo 不動堂前に於いて

雨の降る中行いました。

薬師寺修験咒師本部

<野点席>

4_014裏千家

楽風会

<法話>

Photo 15時~17時(お写経道場)

山田法胤副住職

「花会式と薬師悔過」

<悔過行法・金堂>

午前3時より後夜・晨朝(5時ごろまで)

13時より日中・日没(奉納行事)

19時より初夜・半夜(21時10分終了)

合掌

|

花会式第5日目

4月3日(金)第5日目

花会式もいよいよ後半です。

P1000189_2 

【奉納行事】午後1時から金堂

P1000200 P1000222 <献華>

日本フラワーデザイナー協会

理事長 久保数政氏

P1000229 <奉納太鼓>

飛鳥太鼓

代表 石井博文氏

P1000225 <野点席>

裏千家

まほろば会

<法話>

P1000235 山田法胤副住職

「花会式と薬師悔過」

お写経道場にて15時~17時

<悔過行法・金堂>

午前3時より後夜・晨朝(5時ごろまで)

P1000190P1000207  13時より日中・

日没(奉納行事)

19時より初夜・半夜(21時半ごろまで)

☆4月3日初夜の大導師作法のとき、堂司が『差定の儀』を読み上げます。

合掌

|

花会式第4日目

4月2日(木)花会式第4日目2_006_2

【奉納行事】

<献茶>

2_26 茶道裏千家 家元 

千宗室宗匠

<舞楽>Photo

南都楽所 楽頭

笠置侃一師

2_001 2_002 <拝服席>

東僧坊からまほろば会館に場所が変更になりました

まほろば会館は昨年6月に落慶。お茶席・お香席の場所にしています。

2_08 <野点席>(西回廊)

裏千家淡交会

奈良支部

<悔過行法・金堂>

午前3時より後夜・晨朝(5時ごろまで)

13時より日中・日没(奉納行事)

19時より初夜・半夜(21時10分終了)

P1000176P1000179_2P1000180_2 薄墨桜

<法話>

15時~17時(お写経道場)

山田法胤副住職

「花会式と薬師悔過」

合掌

|

花会式第3日目

4月1日(水)花会式第3日目

P1000133_2 【奉納行事】

P1000121 献香 香道御家流宗家 

三條西堯水宗匠

P1000135百華能 

観世流能楽 観世善之師

             P1000128 P1000129

大蔵流狂言 

茂山千之丞師

P1000143 野点席 

裏千家淡交会奈良支部

合掌

|

おみやげ

薬師寺の名物

P1000093 白鳳の飛天

P1000110 薬草せんべい

P1000076 東僧坊のおみやげコーナー(4月5日迄)

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »