« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

仏式結婚式

平成21年5月31日、薬師寺慈恩殿において一般の方の結婚式が行われました。

薬師寺では年十数回、仏式の結婚式が執り行われます。

式は新郎新婦の入堂、式衆(僧侶)入堂、新郎新婦や親族のお写経の奉納式、そして式が始まります。

三三九度、親族固めの杯を致します。神式ではよく用いられていますが、薬師寺でも行っています。お酒(日本酒)はお米からできています。そのお米の魂が醸されたお酒を共にいただことにより、赤の他人であった二人に共通の魂が流れあい、夫婦という関係ができます。「稲寿共魂(とうじゅきょうこん)の儀」または、「共食(きょうしょく)の儀」を意味しています。

「和」の文字は禾へんに口です。禾へんは稲などの穀物を意味し、それを共に口にする文字です。

心やわらぎ、むつみあい、一つに溶け合うということです。

その後、新郎新婦、参列者と共に読経『般若心経』『父母恩重経』を読誦します。

『父母恩重経(ぶもおんじゅうきょう)』の和文にしたものを読むのです。この経は、こどもが生まれて成人になるまでの父母の恩を身近に説いた、しかも和文になっているので読むと意味がわかります。

この経の中で、親が子にたいする十種の恩が説かれています。

①懐胎守護の恩(かいたいしゅごのおん)お腹の中に宿してからお産までの十月十日命を守ってくださったお母さんの恩。

②臨生受苦の恩(りんしょうじゅくのおん)出産のときの苦しみの恩。

③生子忘憂の恩(しょうしぼうゆうのおん)子が無事に生まれたことで、それまでの苦しみをすべて忘れ、よろこんでくださる。深い愛情の恩。

④乳哺養育の恩(にゅうほよういくのおん)1百80斛(こく)に及ぶお乳を飲ませ育ててくださった恩。

⑤廻乾就湿の恩(かいかんじゅしつのおん)おねしょで湿っているところへ代わってお母さんが寝てくださる恩。

⑥洗灌不浄の恩(せんかんふじょうのおん)おむつを汚いとも思わず洗ってくださる恩。

⑦嚥苦吐甘の恩(えんくとかんのおん)甘い、辛い、苦いを吟味して食べさせてくださる恩。

⑧為造悪業の恩(いぞうあくごうのおん)子の為なら悪いことでもあえて行ってくださる恩。

⑨遠行憶念の恩(おんぎょうおくねんのおん)遠くに旅に行ってもいつも心配してくださる恩。

⑩究竟憐愍の恩(くきょうれんみんのおん)親がいのちある間は、子の身に代わらんことを思い、死んでからは子を守りたいと願ってくださる恩。

父母の恩重きこと、天の極りなきが如し。

結婚とは、良縁結ばれてと申します。仏教では「縁」と申します。

「縁」は夫婦のみならず、ご先祖からの縁も含まれるのです。

故高田好胤和尚は結婚式でよくお話をされた言葉に「愛は辛抱です 愛は感謝です」「人生は辛抱です 人生は感謝です」と申しておられました。

式の後、新郎新婦は金堂の薬師如来、日光、月光両菩薩に参拝しました。

薬師寺には仏式の他、休ヶ岡八幡宮において神前結婚式を行うこともあります。

ご希望のお方は、薬師寺までお問合せ下さい。

なお、結婚式の前に式の導師をする僧侶と新郎、新婦になられる方と事前にお会いさせていただいて、いろいろお話を聞かせていただいています。

合掌

※『父母恩重経』をご希望の方は、お仏壇屋でお尋ね下さい。

薬師寺、薬師寺東京別院にもございます。

高田好胤和尚の著書「母」「三人の天使」。

|

大宝蔵殿特別公開

平成21年5月30日~6月8日

聚寶館と大宝蔵特別公開を致しています。

合掌

|

004_2 萩の花が咲きはじめました

合掌

|

薄墨桜の植樹

Photo 平成21年5月25日

奈良薬師寺お写経道場南側の庭園に、高さ約2メートルの薄墨桜の植樹が、アーティストの石井竜也さんによって行われました。

僧侶が般若心経の読経の中、石井竜也さんはお父さまが今年4月に亡くなられ、そのお父さまへの思いを込めて植樹されたようです。

この木は、平成19年・20年にも行われたMusic Tree Liveコンサートで緑化支援を目的に開催されたもので、薬師寺には20本の薄墨桜が奉納され、その内の1本が今回植樹されたものです。

平成21年のMusic Tree Live presentsは、7月20日に開催されます。アーティストはSTARDUST REVUE です。

合掌

|

北海道旅行の案内

『安田暎胤管主講演会と奉納幡のふる里優佳良織を訪ねる旅』

Photo 安田暎胤管主の講演会が帯広でございます。その講演会にご参加いただくと共に、奉納いただいた幡のふる里を訪ねる旅を企画致しました。旭川といえば薬師寺の金堂をはじめ、西塔、大講堂、玄奘三蔵院、東京別院等に優佳良織の故木内綾織元様よりご奉納いただきました幡がございます。薬師寺奉賛会では、6月26日~29日の日程で会員の皆様と懇親を深める旅行を致したくご案内申し上げます。薬師寺奉賛会担当の生駒基達が同行致します。                合掌

ご旅行先  北海道方面(釧路・帯広・旭川) 

費 用 羽田発120,000円(予定)

     伊丹発130,000円(予定)

詳しい資料がございます。お尋ね下さい。

お申し込み、お問い合わせ 

薬師寺奉賛会 担当 生駒基達 

TEL0742-33-6001  

FAX0742-33-6004

|

さつき盆栽展

006 第6回

奈良薬師寺華風展(かふうてん)

さつき盆栽展

期間 平成21年5月31日~6月7日

会場 玄奘三蔵院伽藍

合掌 

|

NHK文化センター

『薬師寺村上執事長による写経のすすめ』

6月18日(木)10:00~12:00

MHK文化センター ユーカリが丘教室

ホームページからの参加申し込み

電話043-462-1121

『はじめてのお写経~般若心経の「空」の心を知る~』

6月18日(木)15:30~17:30

NHK文化センター 千葉教室

ホームページからの参加申し込み

電話043-202-7231

『はじめての写経~「般若心経」の心を知る~』

6月19日(金)10:00~12:00

NHK文化センター 横浜ランドマーク教室

ホームページからの参加申し込み

電話045-224-1110

|

まほろば塾奈良塾

『薬師寺21世紀まほろば塾 奈良塾』

     開催のご案内

6月21日()午後1時30分開講

        (午後1時開場予定)

場所 奈良薬師寺・お写経道場

    ※参加無料・参加証必要

【講演】「動物から学んだこと」小菅正夫氏

     (旭山動物園名誉園長)

【対談】「松下幸之助の心をたずねて」

     上甲晃氏(志ネットワーク社代表)

     安田暎胤(薬師寺管主)

◆薬師寺21世紀まほろば塾応募方法 
葉書かファクスに、代表者の住所、氏名、電話番号、参加人数を明記して、

〒530ー8551(住所不要)読売新聞大阪本社企画事業部「まほろば塾係」

TEL 06・6366・1848 、

FAX 06・6881・7004 へ。

先着800人に参加証をお送りします。

ホームページからの申し込みも可。

先着800名になり、申し込みは締め切りました。

ありがとうございました。

主催 法相宗大本山薬師寺

    読売新聞社

合掌

|

6月広島薬師寺会

6月2日(火) 13:00~16:00

『まほろば塾in広島』開催

主催 広島薬師寺会

第1部 

講師 藤野能子氏 アナウンサー

第2部 

講師 生駒基達 薬師寺執事

場所 広島市西区民会館3階

JR横川駅の近く

参加費 一人1,000円

当日、会場にお越し下さい。

お問合せ 広島薬師寺会 北林一彦

携帯 090-8719-4191

合掌

|

マスク 予防

新型インフルエンザの広がりで、マスク着用の修学旅行生や参拝者の姿を見かけます。

団体参拝者のキャンセルもありましたが、京都や神戸に行く予定の団体が急遽コースを薬師寺に変更してお越し頂くケースもいくつかありました。

基本的なことですが、手洗い、うがいは重要なようです。

新型インフルエンザにならないよう、よく睡眠をとり気をつけましょう。

合掌

|

次回まごころ説法

次回006 「まごころ説法」のご案内

平成21年6月30日(火)

午後1時から3時まで

平成21年7月21日(火)

午後1時から3時まで

前半1時間はゲストの方の講演があります。

後半は安田管主の法話がございます。

当日参加いただけます。(参加は無料です)。

画像は、5月21日三越劇場において管主法話が終わり、薬師如来のご宝前にて「かたよらないこころ」の唱和と、村上執事長が終わりの挨拶をしているところです。

薬師如来像両脇には優佳良織の幡を掛けています。

合掌

|

まごころ説法

21日13時から日本橋三越本店・三越劇場にて「まごころ説法」が行われます。15時終了

ご参加下さい

合掌

|

埼玉お写経会

002 埼玉県労働会館の講堂において、薬師寺奉賛会主催の「お写経と法話の集い」午前・午後・夜間は無事に終わりました。

午後の部が一番多くご参加いただきました。

また、次回も宜しくご参加下さい。

埼玉での日程は未定です。

7月24日は横浜で開催予定です。

合掌

|

埼玉お写経会

5月19日「埼玉お写経の会」のご案内

お写経と法話の集いを、埼玉県労働会館にて開催します。

午前の部 9:45~12:00

午後の部 14:00~16:15

夜間の部 18:30~20:30

各部とも当日参加可能です。

参加費はお一人3,000円(般若心経納経料を含む)

お写経に必要なものは、会場に用意しています。

場所 埼玉県労働会館(地図)Photo

電話 048-832-2151

内容

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

合掌

|

大山蓮華

00 薬師寺回廊において「花回廊」大山蓮華の開花です。

雄株と雌株があり、雄株の花は上を向いて咲きます。雌株の花は下向きに咲きます 。142224  23

2116 017 13 今が一番011 の見ごろではないかと思います。

5月末まで展示

合掌

|

小豆島追記

021 小豆島にはギネスブック公認の世界一狭い海峡・土渕海峡がありました。

小豆島と前島の間にある海峡で全長2.5キロメートル、最峡幅9.93メートル

(1996年ギネスブック認定)

お遍路の他にも有名なものがありました。

合掌

|

小豆島4

056 057 055 16日最終日となりました。

雨が降ることが心配でしたが、午前中に何とか八十八箇所すべてお参りできました。

今日はお接待も、草もち、あんぱん、ラムネ、金柑、おかき、コーヒー、うどん、そば、巻寿司と盛りだくさんでした。有り難いことです。

来年の小豆島巡錫は平成22年5月13日(木)~5月16日(日)です。

ご参加をお待ち申し上げます。

合掌

|

小豆島3

小豆島3
小豆島3
15日小豆島第3日は、30ヶ所巡錫をいたしました。
毎夜、夕食後宿にて参加者の回向と法話を行います。
写真は、笠ヶ滝です。
合掌

|

小豆島2

小豆島2

小豆島2
043 写真は洞雲山での護摩
田の浦 二十四の瞳で有名な岬の学校
合掌

|

14日小豆島巡錫

14日小豆島巡錫
14日小豆島巡錫
14日小豆島巡錫
14日小豆島巡錫
14日小豆島巡錫
14日小豆島巡錫

小豆島巡錫第2日目は28ヶ所を巡る予定です。
朝6:40出発して、恵門滝で護摩供養から始まりです。楠霊庵では、「おへんろさん豆頂戴」と言って、おへんろの足にまめができるのをもらって下さる。ということで、そら豆のいったものをもらって貰います。
読経の後、甘酒、トコロテン、みかん、コーヒー、ティッシュのお接待がありました。
ありがたいことです。
合掌

|

小豆島巡錫

小豆島巡錫

小豆島巡錫小豆島巡錫小豆島巡錫今日から16日まで、山田副住職を導師として小豆島88ヶ所巡錫をしています。参加者は約100人です。第80番子安観音寺では、うどんのお接待があり、一同お腹がすいていたので皆喜んでおられました。
明日は朝6時半出発です。合掌

|

12日東京別院縁日

毎月12日は東京別院の縁日法要です。

午後1時より大般若経転読法要と安田暎胤管主法話があります。(参加費無料)

東京別院にもお写経道場がございます。

東京別院ホームページ

合掌

|

芍薬

Photo牡丹のあとに、芍薬が咲いてきました。

合掌

|

5/19埼玉写経会

『埼玉 お写経と法話の集いのご案内』

埼玉県労働会館2階
さいたま市浦和区常磐

     (北浦和駅から徒歩5分)
日 時 平成21年5月19日(火)

           午前・午後・夜間
午前の部 9:45~12:00
午後の部 14:00~16:15
夜間の部 18:30~20:30
講 師 生駒基達執事『般若心経の心』

納経料等:1人3,000円(当日受付)

参加にはお申し込みが必要です。

参加ご希望の方は、葉書、またはFAXに参加会場名と時間・氏名・ご同伴者名・〒・住所・電話番号・ファックス番号・(ご結縁者番号をお持ちの方は番号)を明記の上、薬師寺奉賛会係りまでお申し込み下さい。

お申し込み先:〒630ー8563

         奈良市西ノ京町457

    薬師寺奉賛会係

     FAX 0742-33-6004

合掌

☆奈良薬師寺・薬師寺東京別院では毎日お写経ができます。

お写経と法話は、奈良本山では8日と第3日曜日。

http://www.nara-yakushiji.com/osyakyo/

東京別院では、毎月12日と第1・第3・第4の土曜日です。http://www.yakushiji.or.jp/houwa/index.html

薬師寺:ご自宅でのお写経のお申し込み

|

薬師堂の花祭り

00 9日夕方。北西町にある薬師堂の花祭りが行われます。

橋本凝胤師の時代からご縁があるようで、毎年、薬師堂で薬師悔過法要、その後、花御堂にお釈迦さまの誕生佛を祀り村人が甘茶をかけ祈る行事です。村の中にある小さな薬師堂です。

この様な薬師堂は、全国各地にあるようです。温泉のあるところにも薬師如来をお祀りした薬師堂があったり、村の八幡社の境内に薬師堂があったりと身近なところにあったり致します。皆様の近くにもあるかもしれません。

合掌

|

お写経道場

001Photo  お写経道場にある香象には巻き線香を入れてます。

この香象をまたぎ中へ入ります。お写経を始める前に、お香により体を清める作法です。

合掌

|

5月8日薬師縁日

毎月8日は「薬師縁日・お写経会」です。

11時30分から金堂において大般 若経の転読法要がございます。

昼の時間、東西両塔の開扉があります。

お写経道場では、夕方5時までお写経会を致しています

午後1時からお写経道場では、般若心経・唯識三十頌を唱え、安田暎胤管主が法話『良寛禅師の戒語』を致します。午後3時まで。

<お写経を書かれるお方へ>

般若心経(1巻2,000円)約60分前後で書写できます。お写経道場の受付でお申し込み下さい。8日と第3日曜日は当日お写経道場でお申し込みの方に、薬師寺の当日参拝券と昼1時過ぎまでの昼食券(うどんのお接待をしています)を出しています。

ご自宅でお写経をご希望の方には、持ち帰り用のお写経がございます。般若心経(1巻2,000円)

インターネットによる、お写経のお申し込みは こちらです

合掌

|

管主講演と北海道

『安田暎胤管主講演会と奉納幡のふる里優佳良織を訪ねる旅』

005 安田暎胤管主の講演会が帯広でございます。その講演会にご参加いただくと共に、奉納いただいた幡のふる里を訪ねる旅を企画致しました。旭川といえば薬師寺の金堂をはじめ、西塔、大講堂、玄奘三蔵院、東京別院等に優佳良織の故木内綾織元様よりご奉納いただきました幡がございます。薬師寺奉賛会では、6月26日~29日の日程で会員の皆様と懇親を深める旅行を致したくご案内申し上げます。薬師寺奉賛会担当の生駒基達が同行致します。                合掌

ご旅行先  北海道方面(釧路・帯広・旭川) ご参加人員 25名様

費 用 羽田発120,000円(予定)

    伊丹発130,000円(予定)

旅行定員に達しないときは中止させていただくこともあります。

また行程について変更になることもあります。ご了承下さい。

詳しい資料がございます。お尋ね下さい。

003

お申し込み、お問い合わせ 

薬師寺奉賛会 担当 生駒基達 

TEL0742-33-6001  

FAX0742-33-6004

|

玄奘三蔵会大祭

5月5日は『玄奘三蔵会大祭』です

008 牡丹の華薫玄奘塔。

玄奘三蔵法師は、西暦600年または602年にお生まれになり、西暦629年「不東」の決意でインドへ出発、インド・ナーランダ寺で5年学び、西暦645年大唐国(中国)へ帰国。のち持ち帰った膨大な経典の翻訳を行い、664年2月5日遷化される。

*不東とは、玄奘が出発する629年は、唐の国ができて10年ほどでした。国の外へでることが厳しく規制され、玄奘のインド行きも許可が出なかったので、一人命がけの密出国となりました。

中国からインドへは、大陸を西へ西へと進みます。正しい教えを求めて帰るまでは、東に向かって、国には帰らないと決心をされたということです。

13:00 御招待者受付

13:30 奉納演奏 大講堂前

      四條畷学園高等学校吹奏楽部

14:00 法話011  お写経道場

  山田法胤 副住職

16:00 法要 玄奘三蔵院伽藍

17:00 伎楽奉納 玄奘三蔵院21050505 21050501 21050504

三蔵法師役 茂山逸平

      伎楽 天理大学雅楽部

      声明 生駒基達

18:00 万燈供養004

13:00~16:00 野点席006 007

         白鳳伽藍西回廊

         裏千家 竹悠会

☆万燈供養、皆様からご寄進いただいた置燈籠に明かりを入れます。

     置燈籠 1基 2万円

     献 燈 1燈  千円

☆大宝蔵殿・聚寶館は6日まで特別公開しています。

合掌

|

最勝会

5月4日

最勝会 19:00~21:00頃

会 場 大講堂P1000877

記念講演 14:30~16:30頃

210504_015講師:龍谷大学文学部教授 楠 淳證 先生

「唯識思想と臨終正念」

野点席 13:00~16:00

210504_002石州流茶道宗家

白鳳伽藍西回廊210504_010

合掌

|

5月3日玄奘三蔵院

参拝者へ

お詫びと、お願い

5月3日玄奘三蔵院伽藍では、5月5日「玄奘三蔵会大祭」の修礼(リハーサル)を行います。玄奘塔への参拝ができないことがあります。

ご理解の程、よろしくお願い致します。

平山郁夫画伯大唐西域壁画殿は参拝できます。

伎楽修礼の様子210503_061_2 210503_010_2 210503_16_2 210503_0_2

玄奘三蔵院伽藍の修礼は午後1時過ぎに終わりました。

ありがとうございました。

午後3時からは、大講堂に於いて、5月4日『最勝会』の修礼を行いました。4時半ごろ終わりました。210503_082

天理大学雅楽部の皆さんと楽と声明の音あわせ、動きの確認など行いました。

最勝会は、5月4日午後7時から大講堂で行います。

4日午後3時からも大講堂にて修礼を行います。

参拝者の皆様にはご迷惑をおかけします。

ご理解、ご協力お願い致します。

合掌

|

伎楽三蔵法師

0_2 平成21年5月5日に行う玄奘三蔵会大祭の伎楽奉納、玄奘三蔵法師役には、狂言師の茂山逸平師に演じていただきます。

伎楽は、天理大学雅楽部の皆様です。

伎楽『玄奘三蔵不東の旅(総集編)』は、無言劇であり、劇の内容については、声明としてお経の節で薬師寺僧侶 生駒基達が語りを致します。

合掌

|

Music Tree Live presents

Music Tree Live presents

楽園音楽祭 2009 STARDUST REVUE in 薬師寺

平成21年7月20日(月・祝)

薬師寺 大講堂特設舞台
開場:17:15 / 開演:18:00
*雨天決行・荒天中止

料金:全席指定 \6,800(税込)拝観料・緑化支援料込

一般発売日:2009年6月20日(土)~

お問い合わせ先
キョードーチケットセンター 06-7732-8888

合掌

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »