« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

9月の行事(H22)

平成22年9月行事予定

奈良薬師寺 本山

9月5日(日) 玄奘縁日(玄奘三藏院・玄奘塔・礼門)

         12時半~ 二胡(にこ)の演奏奉納(ルビーズ) 

         13時~ 玄奘縁日法要

         13時半~法話 生駒基達執事

9月8日(水) 11時~薬師縁日法要・金堂

         13時~山田法胤管主法話・写経道場

9月9日(木) 9時~ 天武天皇陵参拝(明日香村 檜隈大内陵)H20

9月18日(土) 18時~ 奉納コンサート 安全地帯

9月19日(日) 11時~ 彌勒縁日法要

          13時~ 月例まほろば塾(お申し込み必要)

9月20日(祝) 10時~ 休ケ岡八幡宮秋季大祭・子供奉納相撲

          18時~ 奉納コンサート 石井竜也

9月22日(水) 15時~ 観月会・法話・法要・呈茶(奉賛会会員限定)

9月26日(日) 18時~ 奉納コンサート AKB48

【特別公開】

東塔特別開扉 ~10月31日まで

・西塔特別開扉 ~10月31日まで

東京別院

12日 (日) 大般若経転読法要と管主法話
山田法胤管主 13時より
18日 (土) 『般若心経の心』
村上太胤執事長 13時より
19日 (日) 唯識講義『唯識三十頌を説く』
松久保秀胤長老 14時より
19日 (日) 観月の会
17時30分より
25日 (土) 東京行基さんの会
山田法胤管主 10時30分より
26日 (日) お写経と『法句経』法話
大谷徹奘執事 10時より

【関係寺院】

●薬師寺咒師本部 南都修験道

 9月8日~10日 講習会

【その他】

●広島薬師寺会主催 広島まほろば塾

 9月9日 13:00~ 広島西区民文化センター

 法話 大谷徹奘執事

●名古屋薬師寺会

 9月17日13時半~ メルパルク名古屋

 『四季の説法』 山田法胤管主

●浜松薬師寺会

 9月24日13時~ ㈱静岡新聞社プレスタワー17階

 法話 大谷徹奘執事

合掌

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺へのご参拝

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

【平城遷都1300年祭】

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

          

         

|

高野山供養塔

829_005

平成22年8月29日高野山の奥の院に向かう途中、道路から100メートルほどのところに薬師寺有縁の方(大峯修行・小豆島巡礼・等に参加の方)の供養塔が昭和60年にできました。正午より村上太胤執事長導師のもと法要をいたしました。

829_002 829_003

法要の後、村上太胤執事長よりご挨拶、昼食は蓮華定院さまでお世話になり、精進料理をいただいて解散となりました。

来年も8月29日です。

合掌

|

8月28日奉納行事

平成22年8月28日(土)

薬師寺では、平城遷都1300年記念、バサラ祭りのバサラ踊りの奉納が12時より金堂前において行われました。はじめに薬師寺執事長の村上太胤が挨拶をして、奉納が始まりました。奉納は金堂だけではなく今年の晩秋から解体修理にはいる国宝東塔や西塔にもご奉納いただき14時まで20チームが踊り、そのチームが金堂の後、玄奘三蔵院礼門前で玄奘三蔵さまにご奉納を12時半より14時半まで行われました。828_002

828_005

828_009828_012

一番最初に踊ったチームKASUKABEは、彼らが中学生の修学旅行のおり薬師寺で踊りを奉納。今年二十歳になった彼らが再び薬師寺を訪れ、昨日は般若心経のお写経を書写し、今日の踊りの奉納になりました。今年の6月28日には春日部中学校の生徒が修学旅行にお越しになり大講堂前にて踊りの奉納をいただきました。

828_017

828_021

828_019

828_025

夜は、大講堂前において28日29日と安蘭けいさんの奉納コンサートがあります。

合掌

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺へのご参拝

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

【平城遷都1300年祭】

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

H22バサラ祭り

平成22年8月28日11時50分から薬師寺金堂前において、奉納バサラ踊りが行われます。

今年は平城遷都1300年記念祭として、金堂前のあと、玄奘三蔵院伽藍前においても奉納バサラ踊りがあります。14時半ごろ終了予定です。

合掌

|

薬師寺へは近鉄が便利です

薬師寺へは、近鉄電車が便利です。

「JR京都駅」から近鉄電車に乗り換え、「西ノ京駅」下車すぐ。

「大阪難波駅」からは近鉄「西ノ京駅」下車すぐ。

「JR新大阪駅」からJR「鶴橋駅」で近鉄電車に乗り換え「西ノ京駅」下車すぐ。

合掌

【最後の国宝東塔特別開扉】

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺へのご参拝

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

【平城遷都1300年祭】

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

都のかほりスペシャル

平成22年8月24日午後から「都のかほりスペシャル・奈良」の取材で、女優の内山理名さんと片瀬那奈さんが訪れ、薬師寺での撮影が行われました。

この番組は、関東で放送されているローカル番組です。

全国放送でないのが残念ですが、関東地区の方は是非ご覧下さい。

番組名 都のかほりスペシャル・奈良

放送局 テレビ朝日 ※関東ローカル

放送日 平成22年9月18日(土)16:00~16:55予定

提  供 東海旅客鉄道株式会社(JR東海)

合掌

【最後の国宝東塔特別開扉】

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺へのご参拝

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

【平城遷都1300年祭】

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

子供奉納相撲

平成22年9月20日(敬老の日)

休ケ岡八幡宮において秋季大祭が行われます。

その中で、子供奉納相撲を行います。

詳しくは、薬師寺までお問い合わせ下さい。

電話 0742-33-6001

合掌

平成21年大祭

|

地蔵盆

平成22年8月23日19時より薬師寺東僧坊において、こどもたちの健やかな成長を願い地蔵盆を行います。

お地蔵さまはとても慈悲深いお方です。

般若心経と地蔵和賛をとなえ、数珠くりをして、こどもたちは、御供えのお菓子をもらって帰ります。

合掌

|

大阪方面→薬師寺

大阪方面から観光バス、乗用車でお越しになる方から薬師寺までの道をお尋ねになることがあります。

大阪方面から第二阪奈道路を通り宝来終点から、奈良公園方面に進みます。高架橋を通り信号2つ目【二条大路南5丁目】の交差点を右折し(郡山・王子方面)直進、西ノ京病院・ガソリンスタンドのある信号を右折すると。薬師寺駐車場です。

※注意 カーナビの設定では、駐車場に入る1つ手前の細い道を示し薬師寺の南門前に来られますが、駐車場はありません。道が狭くUターンも出来ません。薬師寺駐車場は道路上の看板を目印にしてください。または、西ノ京病院を目標にお越しいただいても良いかと思います。

※観光バスでお越しのお方で、薬師寺駐車場で下車され、バスを回送して西ノ京駅前で乗車していただくことも出来ます。詳しくは、薬師寺駐車場にてお尋ね下さい。

合掌

Photo

|

薬師寺の四季写真展

三重県桑名市にある六華苑では、平成22年8月22日(まで奈良薬師寺の近くに住み、薬師寺の写真を約30年間毎日撮りつづけたアマチュアカメラマン 岸田與(きしだあとお)遺作写真展「薬師寺の四季」が開催されています。

Photo_12

岸田さんはバイクで毎日朝から夕方までカメラと三脚をもって薬師寺の塔の見えるところを走り回り感動したところを2005年84歳で亡くなるまで撮りつづけられました。

自然が織り成す光と雲に影とシャッターチャンスを逃さず捉えた写真には迫力と美しさがあります。プロのカメラマンでも撮れないようなものも、一瞬の美しさを捉えています。

岸田さんの写真をご覧になられて感銘をうけた方が絵を描き、切り絵を添えておられます。

0_2

Photo_7   

この遺作写真展は、岸田さんの遺作品数千点を預かった愛知県蟹江町のアマチュアカメラマンが東海地区を中心に、2007年から開催している。

2008年上野の国立博物館・平成館で行われた『国宝薬師寺展』関連で、2008年5月17日NHK教育テレビで放送された「国宝薬師寺展 記念歌会 心のまほろば 薬師寺を詠む」の中で使われていた写真が岸田與さんの写真であったと聞きました。

<岸田さんプロフィール>
1935(大正10)年、奈良県北葛城群生まれ
定年退職前後から薬師寺の風景ばかりを約30年に渡り、毎日、撮り続けた。
2005年に84歳で他界。
 <岸田さんの主な個展>
1990年:奈良文化センター
1995年:東京銀座富士サロン
2003年:奈良写真美術館

◎六華苑へは桑名駅から徒歩約25分。タクシー約5分。

入館料   一般300円 中学生100円

開苑時間 AM9:00~PM5:00(入苑時間PM4:00まで)

TEL 0594-24-4466

六華苑は、鹿鳴館を設計したイギリス人建築家ジョサイア・コンドルが設計。四層の塔屋を持つ木造二階建ての洋館と和風建築からなり、大正2年(1913)に完成。明治・大正期を代表する貴重な文化遺産として国の重要文化財に指定されている。

818_003_2Photo_2

合掌

【最後の国宝東塔特別開扉】

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺へのご参拝

総本家新之助貝新 www.kaishin.co.jp

桑名のお土産といえば「総本家新之助貝新」の佃煮です。

|

大講堂

H22_006 金堂の後ろにある大講堂は正面41メートル高さ17メートルの大きな木造建築です。

金堂後から出てきた方が写真を撮ろうとしても、画面に入らないほどの建物です。

金堂の出口付近(金堂内)より撮るとぎりぎり写真が取れるのです。

合掌

|

東西両塔特別開扉

平城遷都1300年記念

『薬師寺国宝東塔西塔特別開扉』

東塔の正面の扉を開け、中の心柱と天井絵を参拝していただいています。

西塔には11時、13時、15時の各30分間は初層内陣に参拝していただいています。

期間は平成22年10月31日迄です。

815_006 815_005 画像は8月15日11時半頃頃の撮影です。

夏休みで参拝者は多いですが、待ち時間は0分~5分ほどです。

合掌

【最後の国宝東塔特別開扉】

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺へのご参拝

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

【平城遷都1300年祭】

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

お盆第3日目

平成22年8月15日(日)

お盆は、『仏説盂蘭盆経』に由来いたします。お釈迦さまの十大弟子のお一人に目連尊者がおいでになります。大講堂に中村晋也作の十大弟子の左から3人目です。

815_002

目連さんのお母さまが餓鬼の世界から救われることが説かれています。

お経には7月15日と書かれています。陰暦の7月15日を8月15日としてお盆の行事を行っています。(東京方面では新暦 7月15日をお盆して祀られるところもあります)

薬師寺ではお写経道場において、8月15日13時から施餓鬼法要を山田法胤管主導師で行いました。法要の後、山田法胤管主による法話があり、聴聞者でお写経道場いっぱいになっていました。

815_018815_021 815_031 

奈良では、20時から戦没者慰霊と世界平和を祈る大文字送り火があります。

薬師寺では20時の大文字の点火にあわせ、平和を願い鐘を21打鐘致します。

合掌

|

8月彌勒縁日法要

815_003

平成22年8月15日11時より大講堂において、彌勒縁日法要です。

合掌

|

お盆 第2日目

814_003_2

お写経道場では村上太胤執事長の法話がありました。

15日13時から山田法胤管主の法話です。

合掌

|

お線香

『瑠璃光』薬師寺のお堂で仏さまに御供えしているお線香です。(1050円)813_002_2 

『淡墨桜』薬師寺のお写経道場前に大きな淡墨桜の木にちなんだお線香です。(800円)

813_004_2

お盆です。ご先祖さまに御供え下さい。

合掌

【最後の国宝東塔特別開扉】

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺へのご参拝

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

【平城遷都1300年祭】

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

盂蘭盆会

平成22年8月13日~15日まで奈良薬師寺では『 盂蘭盆会 うらぼんえ 』を行います。

お写経道場にて、午前・午後 ご先祖様のご供養の法要を致します。

午後1時からは、お写経道場で法話を致します。

13日 法話 加藤朝胤 主 事

14日 法話 村上太胤 執事長

15日 法話 山田法胤 管 主

お写経道場では朝8時半~夕方5時までの間、お写経ができます。

金堂では、参拝者の方に随時20分ほどの法話をしています。

合掌

【最後の国宝東塔特別開扉】

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺へのご参拝

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

【平城遷都1300年祭】

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

ライトアップ夜間参拝

薬師寺では、平成22年8月9日(月)~8月17日まで、奈良交通定期観光バス・奈良近鉄タクシーによる夜間拝観(金堂薬師三尊をお参りいただきます)を致しています。

(※8月15日はございません。)

拝観ご希望の方は,下記(奈良交通または近鉄タクシー)へお申し込み下さい。

(予約が必要です)

奈良交通定期観光バス案内所

『Y ライトアップ薬師寺』

 お問い合わせ電話0742-22-5263

奈良近鉄タクシー 奈良営業所

『世界遺産 薬師寺ライトアップ』

 お問い合わせ電話0742-23-1187

 お申し込み    電話0742-22-5501

086_023_3

合掌

|

暁天講座の様子

H22_006_2 H22_003 H22_018

初日8日 村上太胤執事長

H22_001 H22_002

2日目9日 加藤朝胤唯識学寮主事

H22_011 H22_008

最終日10日 山田法胤管主

H22_015_2 H22_014 H22_021 H22_020  H22_017

お盆の13日~15日までお写経道場にて、盂蘭盆会法要と法話がございます。

お写経道場では、ご先祖様のご供養をお写経にお書き下さい。是非ご参加下さい。

合掌

|

平和の鐘(長崎)

長崎に原爆が投下されてから65年目を迎える9日11時2分、地元の子供たち、小学校の先生、夏休み家族で薬師寺へ参拝に来られた方など約200人が鐘楼のところに集まり、平和を願い鐘を撞きました。その後、東僧坊では山田法胤管主が平和についての法話がありました。

【暁天講座のご案内】

平成22年8月10日朝6時~暁天講座最終日

場所 大講堂

講師 山田法胤管主

Photo_2

合掌

|

8月9日の暁天講座

平成22年8月9日(月)朝6時

暁天講座の講師は加藤朝胤主事です。

Photo

演題は『父母の恩』です。

父母恩重経をご一緒に読誦いたします。

明日もご参拝下さい。(無料)

合掌

|

8日薬師縁日法要

平成22年8月8日~10日まで、朝6時から7時まで大講堂において『暁天講座』を行います。

8月8日は、朝5時より金堂にて安田暎胤長老導師により勤行を致します。その後、大講堂にて般若心経一巻唱え、村上太胤執事長の法話がございます。法話の後、大講堂よりお写経道場へ移動していただき、食作法をして茶粥を召し上がって頂きます。

7時40分ごろ終了解散いたします。

『薬師縁日』

8月8日は薬師縁日・お写経会です。

写経道場では、暁天講座のあとお写経を書写できるように準備しています。

午前11時より、金堂にて「大般若転読法要」を行います。

午後1時よりお写経道場では、山田法胤管主の法話がございます。

合掌

|

平和の鐘(広島)

086_005086_001 086_007

086_010_2 806086_012 086_015

平成22年8月6日8:15

広島に原爆が投下されてから65年目を迎える今日、平和を祈り、子供たちら約100人が参加して鐘を撞きました。

東僧坊において、村上太胤執事長が平和についての法話を致しました。

合掌

|

平和の鐘6日・9日

広島に原子爆弾が投下された8月6日午前8時15分の時間にあわせ、薬師寺の大鐘を地域の子供たちと、参拝者と一緒に撞きます。

長崎に原子爆弾が投下された8月9日午前11時2分の時間にも薬師寺の大鐘を撞きます。

是非、ご参加下さい。

合掌

|

8月玄奘縁日

平成22年8月5日(木)『玄奘縁日法要と法話』

午後1時より玄奘三蔵院伽藍の玄奘塔に於いて、法要をいたします。

その後、五観の間において、村上太胤執事長の法話を致します。

ご自由に聴聞戴くことができます。ご家族でもどうぞ。

合掌

|

奉納大歌舞伎

803_003_3 

奉納大歌舞伎は2日間と大講堂前の野外舞台で行われ、2日連続で観覧にお越しの方もおいででした。

803_001_2

「船弁慶」で平知盛の霊を演じる中村勘三郎

合掌

|

奉納大歌舞伎

平城遷都1300年祭

中村勘三郎「船弁慶」世界遺産薬師寺奉納大歌舞伎が平成22年8月2日(月)19時より薬師寺大講堂前特設舞台において上演されました。

薬師寺大講堂前での歌舞伎は初めてのことで、約2000人のファンの方がお越しになりました。

この歌舞伎は、明日8月3日も行われます。

合掌

|

大峯満行H22

平成22年8月1日(日)

午前1時桝源旅館を出発。

男性は山上ケ岳(標高1719m)へ向け出発。新客15名

女性は稲村ケ岳(標高1725m)へ向け出発。新客16名

暗闇の中、懐中電灯を頼りに登ります。昨年は雨の中のお山行になり、稲村ケ岳では途中迄しか行けませんでしたが、今年は男性、女性とも無事満行を終えられました。

来年(平成23年)は8月6日(土)・7日(日)です。是非ご参加下さい。

731_004

洞川の五代松鍾乳洞から湧き出る『 名水 ごごろご水 』は名水百選に選ばれ、他府県から大勢の方が車で水を汲みにがお越しでした。

薬師寺の勧進所では夏の間、名水ごろごろ水を使った「冷水抹茶」を出しています。

暑い時期には大好評です。

合掌

薬師寺修験咒師本部の行事としては、8月29日(日)高野山供養塔の参拝がございます。

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »