« 第25回国民文化祭 | トップページ | 日中韓 美の競演展 »

古代の縁から赤米奉納

1116_001 平成22年11月16日(火)修学旅行で訪れた福井県越前市の南中山小学校5年生41名と引率教諭数名にて、赤米(一石)の奉納をいただきました。

昭和61年、平城京の長屋王の屋敷跡から出土した大量の木簡の中に「丹生郡中津山・・・」と書かれた荷札が見つかり、奈良の都と南中山地区は歴史的に深いつながりがあったことがわかり、今年、赤米を育て収穫したものを、奈良の都の薬師寺へご奉納いただきました。

奈良時代の衣装を着て20キロの米俵を4人で担いで運んで来てくれました。

子供たちは重かった。昔の人の苦労が感じられました。といっていました。

福井県と薬師寺は平山郁夫画伯の大唐西域壁画の紙も越前和紙でもあり、薬師寺のお写経用紙も越前和紙です。いろいろと現在もご縁があります。

ありがとうございました。1116_016 1116_018 1116_019 1116_020 合掌

|

« 第25回国民文化祭 | トップページ | 日中韓 美の競演展 »

その他」カテゴリの記事