« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

JR東海ツアーズ2/12

JR東海ツアーズ20周年特別企画として平成23年2月12日

「貸切新幹線で行く世界遺産薬師寺夜間特別拝観への旅」

一夜限りのJR東海ツアーズ薬師寺貸切特別企画です。

薬師寺の境内には置燈籠を設置し、ツアー参加者に献灯をいただきます。

※当日(2月12日)17時以降の一般参拝はできません。JR東海ツアーズの参拝者だけの特別参拝となりますのでご了承下さい。

0131

0131_jr

【当日の画像】↓

0212_jr_010 

0212_jr_011

0212_jr_012

0212_jr_013

合掌

JR東海 うましうるわし 奈良「Again」

特別展 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

薬師寺の夜景

薬師寺の夜景

大池から景色です。

0130_2

合掌

JR東海 うましうるわし 奈良「Again」

特別展 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

東西両塔

薬師寺の東側から写真

0129_003

合掌

特別展 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

記念講演会

特別展「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」

関連事業記念講演会

2011年1月29日(土) 13:30~15:00 (開場13:00)

演題:「薬師寺と大唐西域壁画」

講師:山田法胤(法相宗大本山薬師寺管主)

平成館・大講堂

※参加申込受付は終了しています。

合掌

|

オペラ『遣唐使』

薬師寺玄奘三蔵院伽藍において行われた、

ROLEX TIME DAY オペラ『遣唐使』~阿倍仲麻呂~ 

平成21年前編 第一幕・第二幕

平成22年後編 第三幕・第四幕

この度は東京藝術大学奏楽堂において、

平山郁夫先生一周忌追悼 オペラ『遣唐使』~阿倍仲麻呂~

を平成23年2月11日(金・祝日)、12日(土)行われます。

18:00開場 18:30開演

入場料 8,000円(全席指定)

詳しくは、こちら

合掌

|

東博 平成館・大講堂

特別展「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」関連事業

薬師寺僧侶によるお話「薬師寺と文化財保護」

東京国立博物館・平成館・大講堂において、薬師寺にかかわる文化財の保護活動について講演を行います。

平成23年1月27日・28日

1日5回 11時~ 12時~ 13時~ 14時~ 15時~ 

(いずれも30分程度)

* 都合により予告なく変更・中止になる場合もございます。

  ご了承ください。

講師 薬師寺僧侶

定員 360名(当日先着順)

聴講無料。ただし、特別展「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」の観覧券が必要。

(半券でも可。その場合、当日の入館料は必要です。)

* 当日会場にお集まりください。

詳しくは、東京国立博物館のホームページをご覧下さい。

合掌

|

広島薬師寺会

平成23年1月25日行われた『広島薬師寺会主催・まほろば塾』では、広島西区民文化センターの3階の会場が120名以上の参加者で満席になりました。

講師 薬師寺執事 生駒基達

講師 薬師寺執事 大谷徹奘

次回は、平成23年4月9日(土)午後1時より『お写経と法話の集い』を講師 生駒基達で行います。会場は広島西区民文化センター3階です。JR横川駅より徒歩3分。

是非ご参加下さい。

お問い合わせは、

広島薬師寺会 お世話人 北林 一彦 090-8719- 4191

合掌

広島 呉『お写経と法話の集い』1月26日

岡山 『お写経と法話の集い』1月27日

特別展 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

節分・お水汲み祭り

0120_003_2

平成23年2月3日

大阪堂島・薬師堂において

節分・お水汲み祭り

が行われます。

合掌

|

奈良・西ノ京

京都や名古屋、犬山でも先日降った雪がまだ残っているのをみて、大雪であったと驚きます。それに対して、薬師寺のある奈良市西ノ京は、雪がちらついただけで積もることがありませんでした。今後のことはわかりません。

昨日の若草山の山焼きは良く燃えたようです。山を見ると黒くなっています。

0202_011

合掌

|

千里中央 お写経と法話

●『般若心経 写経と法話』のご案内

大阪の千里中央にある、「よみうり文化センター千里中央」において1月~3月まで月1回の全3回オープンセミナーを行います。お申し込みは3ヶ月ごとになります。

1月24日(月)「鬼は外 福は内」

2月28日(月)「六波羅蜜」

3月21日(月)「奈良の伝統行事」

講師 生駒基達 薬師寺執事

開催時間 13:30~15:30

受講料  3回 6,615円

お写経納経料 1巻2,000円(毎回)

経本代1冊200円(初回のみ)

はじめに、般若心経のお写経を1時間書写いただき、後の1時間法話を致します。

筆、筆記用具をお持ち下さい。硯、文鎮、墨はございます。お写経は当日お渡しいたします。

気軽にご参加ください。

この講座のお問い合わせは こちらから

よみうり文化センター千里中央

〒560-0082

大阪府豊中市新千里東町1-1-3

TEL:06-6833-5031

FAX:06-6832-9028

ご参加お待ち申し上げています。

合掌

特別展 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

若草山山焼き

平成23年1月22日(土)

奈良では「若草山の山焼き」が午後6時花火が上げられ、

午後6時15分山焼き点火です。

西ノ京にある大池では、山焼きの写真を撮ろうとカメラマンが多い場所です。

薬師寺の東塔・西塔・金堂のバックに若草山の山焼きを入れての景色はとても有名です。

昨年は東塔の調査用の素屋根に覆われていたのですが、今年は覆いもなく記念の写真が撮れると思います。来年は本格に解体するための素屋根に覆われてしまうでしょう。

合掌

特別展 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

仏教伝来の道

特別展 文化財保護法制定60周年記念

「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」

東京国立博物館・平成館において開催中

期間:平成23年1月18日(火)~3月6日(日)

時間:午前9:30~午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館:月曜日

主催:東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社

特別協力:平山郁夫シルクロード美術館、法相宗大本山薬師寺

協賛:大日本印刷

協力:文化遺産国際協力コンソーシアム、東京美術倶楽部、朝日生命保険、あいおいニッセイ同和損害保険

後援:外務省、文化庁

2部 文化財保護の結実「大唐西域壁画」

2部では、薬師寺玄奘三蔵院伽藍の大唐西域壁画殿に安置の壁画を出陳しています。

全長約37メートルにおよぶ大画面に平山画伯は20年以上の歳月をかけて、中国・長安からインド・ナーランダに至る玄奘三蔵の求法の旅を描かれました。2000年12月に奈良・薬師寺に奉納されて以来、寺外では初めての公開となります。

薬師寺では、20世紀最後の2000年12月31日深夜、壁画殿において平山郁夫画伯が大きな筆で入魂・開眼法要を行いました。壁画というのではなく、「絵身舎利」としてお祀りして、玄奘三蔵が身命を賭して仏法を東へ伝えられた道です。毎月5日は玄奘三蔵法師の月命日にあたり、「玄奘縁日」として午後1時より玄奘塔と壁画殿で般若心経を読誦しています。特に1月は玄奘縁日として平和祈願法要を行っています。

平成館では、薬師寺の壁画殿とはまた違い、ライティングも違い間近にで拝観いただけます。見え方が違いとても雄大に見えると思います。

1度だけではなく、2度、3度と行っていただくと、壁画に書かれている絵の深みが感じられると思います。

東京国立博物館NHK朝日新聞社

合掌

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

薬師寺東関東別院

● 茨城 水雲山 潮音寺 薬師寺東関東別院

 1月22日(土)13時半~観音縁日 大谷徹奘執事

 2月3日(木)節分会と鬼追い式

 2月6日(日)13時半~護摩供養 松久保秀胤長老

 2月26日(土)13時半~観音縁日 大谷徹奘執事

◆茨城 水雲山 潮音寺ホームページhttp://www.choonji.com/

合掌 

|

広島薬師寺会

『広島薬師寺会主催 まほろば塾』

平成23年1月25日(火)13:00~ 

広島西区民文化センター

法話 大谷徹奘執事

法話 生駒基達執事

ご参加下さい。

広島 呉お写経の会のご案内(1/26)

岡山お写経の会のご案内(1/27)

合掌

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

岡山お写経の会

『岡山・お写経と法話の集い』

平成23年1月27日(木)

午前9:45~12:00

午後1:45~4:00

場所 岡山県天神山文化プラザ3階

    JR岡山駅より市内電車「城下」下車徒歩3分 

岡山会場では、はじめにお写経を書写いただきます。

後半では生駒基達執事による法話をいたします。

初めての方でも気軽にご参加下さい。

お写経用具は、ご用意いたします。

お写経は筆でなくてもB、2Bの鉛筆で書写いただいてもかまいません。

参加費はお一人3千円(般若心経一巻納経料2千円を含む)

般若心経にかえて東塔大修理特別写経を書写される方は2枚1組 納経料1万1千円(東塔写経一組納経料1万円を含む)になります。

参加申し込みは、ファックス 0742-33-6004または電話0742-33-6001にて、岡山会場名(午前または午後)、氏名、住所、電話番号、FAX番号を明記の上お申し込み下さい。

当日、お申し込み参加もできます。会場に直接お越し下さい。

合掌

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

広島県呉お写経の会

『広島県呉・お写経と法話の集い』

平成23年1月26日(水)午前9:45~12:00

場所 ビューポートくれ2階大会議室

    JR呉駅から徒歩5分 

呉会場では、はじめにお写経を書写いただきます。

後半では生駒基達執事による法話をいたします。

初めての方でも気軽にご参加下さい。

お写経用具は、ご用意いたします。

お写経は筆でなくてもB、2Bの鉛筆で書写いただいてもかまいません。

参加費はお一人3千円(般若心経一巻納経料2千円を含む)

般若心経にかえて東塔大修理特別写経を書写される方は2枚1組 納経料1万1千円(東塔写経一組納経料1万円を含む)になります。

参加申し込みは、ファックス 0742-33-6004または電話0742-33-6001にて、会場名、氏名、住所、電話番号、FAX番号を明記の上お申し込み下さい。

当日、お申し込み参加もできます。会場に直接お越し下さい。

合掌

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

1月初彌勒縁日法要

平成23年1月16日(第3日曜)

『初彌勒縁日』

午前11時より大講堂において初彌勒縁日法要を厳修致します。

お写経道場では9時より17時までお写経会です。

13時よりまほろば会館にてまほろば塾第15回月例奈良塾を開催致します。

合掌

『国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

1月15日吉祥天ご法楽

平成23年1月15日(土)

お正月のご本尊「吉祥天女」を元旦より15日まで金堂にお祀りして、今年一年の天下泰平、萬民豊楽、五穀豊穣、等を祈ってまいりました。

0115_063_2

15日吉祥天のご法楽として、

「吉祥天にちなむお香とお茶の会」を催しました。

0115_060_3 0115_020_2   

冷たい雨がぽつぽつ降る中、総合受付のまほろば会館には、8時半頃からお越しになり、

0115_046

0115_048_2

0115_055

0115_053

0115_052 0115_051 0115_050 0115_049 0115_054

お茶席の慈恩殿では9時過ぎより第一席目が始まりました。席主は裏千家淡交会奈良支部の森田宗円先生。山田法胤管主がお茶席でご挨拶をさせていただき、恵方守り、色紙、山田法胤管主の染筆(「楽音樹下」がくおんじゅげ)などの福引きをおこないました。

0115_022 0115_023 

0115_030_2

0115_029_2

0115_033

0115_032

お香席はまほろば会館2階か東僧坊会場かのお席で、香道御家流宗家 三條西尭水宗匠によるお席が行われました。

0115_043

0115_041

五観の間は食堂、

0115_039

0115_038

お写経道場では13時より管主の法話を行いました。

今年は、参加者全員に法話を聴聞いただきました。

本年は全八席でしたが、昨年より参加者は多かったです。最終の組は16時50分終了いたしました。

毎年1月15日です。来年も是非ご参加下さい。参加費は5千円。新成人はご招待です。

◆財団法人 お香の会http://www.okou.or.jp/gyouji.html

◆昨年春より「こども香道教室」に参加いただいた小学4年~6年生も本日終了式を致しました。

0115_025

合掌

|

1月20日四季の説法

平成23年『四季の説法』

名古屋薬師寺会

平成23年名古屋市千種にて下記の日程で法話会を行います。是非ご参加下さい。

◆日時 平成23年1月20日(木)13:30~15:30

 講師 山田法胤 管主(薬師寺住職・喜光寺住職)

 Photo_2 

◆日時 2月4日(金)13:30~15:30

 講師 村上太胤 薬師寺執事長

◆日時 3月11日(金)13:30~15:30

 講師 安田暎胤 薬師寺長老

※参加対象は一般です。当日会場にお越し下さい。

※日程・講師が変更になることがございます。

※参加費 お一人 500円

会場 メルパルク名古屋

会場までの交通はJR・地下鉄「千種駅」1番出口または地下鉄「車道駅」3番出口より徒歩2分

合掌

『1月15日吉祥天にちなむお香とお茶の会』

『国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

|

犬山お写経と法話

0113_000_2

ツアー・ステーション社会奉仕事業 第5回文化講座

薬師寺「お写経と法話」

平成23年1月23日(日)

 9時 受付

 9時30分~ お写経

10時30分~ 法話

11時30分  終了

参加費 お一人3,000円(お写経納経料含む)

会場 サンパーク犬山

講師 生駒基達 

お申し込み、お問合せ ㈱ツアー・ステーション

電話 0587-93-1128
FAX 0587-93-3491

Email: info@tourstation.jp
URL:http://www.tourstation.jp

合掌

|

機関誌第166号

機関誌『薬師寺』第166号

0112_166_01

天皇・皇后両陛下 行幸啓記念号

<<目次>>

【天皇・皇后両陛下 行幸啓記念号】

・薬師寺に天皇・皇后両陛下をお迎えした喜びの日・・・管主 山田法胤

・平城遷都1300年奈良への行幸啓・・・執事長 村上太胤

・天皇・皇后両陛下お使いの御茶盌をお造りして・・・尾西楽斎

・今日のよろこび・・・白川好子

【連載】

・生活に生かす唯識 その六・・・楠淳證

・慈恩大師が明かす『般若心経』の教え

  ー経の題名「波羅蜜多」についてーその一・・・北堀一雄

・東塔事前調査報告

・平城遷都1300年祝祭に際して

・白鳳歌壇

・白鳳俳壇

・百万塔ご納塔者芳名録

・三千佛ご奉納者芳名録

・全国法話会のご案内

・お写経勧進報告

・東京別院<行事案内>

・まほろば塾だより

・唯識学寮だより

・広目多聞

・宝物管理研究所だより

・ご奉納品ご紹介

以上

平成22年12月28日発行

0112_166_02_2

機関誌ご購読のおすすめ

合掌

|

吉祥お香とお茶の会

平成23年1月15日(土)

『吉祥天にちなむお香とお茶の会』

9:30~14:30

奈良薬師寺まほろば会館受付

お茶席とお香席と管主法話と点心と福引があります。

当日受付もあります。

参加費 お一人5千円

合掌

|

東京初薬師縁日

平成23年1月12日午後1時より東京別院において、初薬師縁日・大般若経転読法要を行います。その後、山田法胤管主による法話がございます。

東京別院へは、JR五反田駅下車徒歩7分

お問合せ 03-3443-1620

東京別院 http://www.yakushiji.or.jp

Map 合掌

|

東塔特別入堂拝観

『国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

平成23年3月1日(火)~21日(祝・月)

0101_042

 薬師寺 国宝「東塔」は、平成22年11月から解体工事のため素屋根建設に着工予定でしたが、県当局による「素屋根工法の再検討」の為、着工が平成23年度に延期されることになりました。それに伴いまして、当山では、下記の期間、一般参拝の方を対象に「国宝東塔特別入堂拝観」をすることとなりました。

 東塔は薬師寺で唯一現存する奈良時代の建造物で、その美しい姿は「凍れる音楽」と称されています。塔の心柱が空洞化するなど損傷が激しいため、明治31年以来110年ぶりに解体修理が行われます。

 素屋根に覆われると、平成30年度までの約8年間は東塔の外観を見ることができなくなります。平成の大修理以前の初層入堂拝観はまたとない機会であります。

期間 平成23年3月1日(火)~21日(祝・月)

時間 東塔入堂 8時30分~17時

東塔入道は下記通常拝観料に別途、特別入堂拝観料500円が必要です。

 尚、この期間同時に「西塔内陣入堂拝観」(1日3回各30分)もしております。

【通常拝観料】

玄奘三蔵院伽藍非公開時(拝観料 大人500円円)3/1~3/18

玄奘三蔵院伽藍公開時 (拝観料 大人800円)3/19~3/21

尚、玄奘三蔵院伽藍公開期間は、以下の通りとなります。

平成23年3月19日(土)~平成24年1月5日(木)

合掌

H23

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

梅の花

0107_001

玄奘三蔵院伽藍と慈恩殿の間の梅の花が一輪咲いてきました。0107_004_2

合掌0107_003

|

初薬師縁日

『初薬師縁日』

1_009

1月8日午前11時より金堂において、初薬師大般若法要を行います。

1月15日までは、薬師三尊のご宝前に、国宝 吉祥天女をお祀りしています。

薬師如来さまと吉祥天さまに祈ります。法要は約1時間。

午後1時よりお写経道場にて山田法胤管主の法話がございます。

※「恵方守り」は金堂・お写経道場受付にて授与しています。一体2,000円

「吉祥天護符」は金堂にございます。0105

合掌

|

玄奘三蔵院公開

平成23年3月19日から平成24年1月5日までです。

合掌

|

恵方守り

0105 金堂にて縁起物『恵方守り』のお授けを致しています。

平成23年の恵方は、南南東です。

一体 2,000円

合掌

ならリビングに恵方守りの紹介があります。http://www.naraliving.com/special/spe_110107.html?PHPSESSID=525d030c35f1a25dc0d75c7dd50cd25a

|

初玄奘縁日

1_003_2 薬師寺玄奘三蔵院伽藍において、1月5日13時より平和祈願法要を行います。

玄奘塔と大唐西域壁画殿(平山郁夫画伯筆)にて読経のあと、歌の奉納があります。

平成23年1月の玄奘三蔵院伽藍の公開は5日までです。

※平成23年1月18日(火)より3月6日(日)まで、東京国立博物館平成館において、文化財保護法制定60周年記念 特別展「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」が開催されます。玄奘三蔵院伽藍の壁画がはじめて出陳いたします。

※奈良薬師寺での次の公開は、

平成23年3月19日より平成24年1月5日までです。

合掌

|

正月行事

1月1日~15日 正月の本尊(国宝秘仏吉祥天女画像)開扉

1月5日午後1時~ 初玄奘縁日・平和祈願法要・玄奘三蔵院伽藍

1月8日 午前11時~ 初薬師縁日 大般若経転読法要

      午後1時~ 山田法胤管主法話

1月15日 「吉祥天にちなむお香とお茶の会」

合掌

|

修正会

修正会本尊

2

元旦より15日まで金堂の薬師如来ご宝前に国宝秘仏の吉祥天女をお祀りして法会を行っています。

三ケ日は午後1時より金堂で法要がございます。

東僧坊では、午後1時半より山田法胤管主の新春法話1日~3日までございます。

0101_001

合掌

|

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
平成23年元旦
合掌

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »