« 薬師寺東関東別院 | トップページ | 若草山山焼き »

仏教伝来の道

特別展 文化財保護法制定60周年記念

「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」

東京国立博物館・平成館において開催中

期間:平成23年1月18日(火)~3月6日(日)

時間:午前9:30~午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館:月曜日

主催:東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社

特別協力:平山郁夫シルクロード美術館、法相宗大本山薬師寺

協賛:大日本印刷

協力:文化遺産国際協力コンソーシアム、東京美術倶楽部、朝日生命保険、あいおいニッセイ同和損害保険

後援:外務省、文化庁

2部 文化財保護の結実「大唐西域壁画」

2部では、薬師寺玄奘三蔵院伽藍の大唐西域壁画殿に安置の壁画を出陳しています。

全長約37メートルにおよぶ大画面に平山画伯は20年以上の歳月をかけて、中国・長安からインド・ナーランダに至る玄奘三蔵の求法の旅を描かれました。2000年12月に奈良・薬師寺に奉納されて以来、寺外では初めての公開となります。

薬師寺では、20世紀最後の2000年12月31日深夜、壁画殿において平山郁夫画伯が大きな筆で入魂・開眼法要を行いました。壁画というのではなく、「絵身舎利」としてお祀りして、玄奘三蔵が身命を賭して仏法を東へ伝えられた道です。毎月5日は玄奘三蔵法師の月命日にあたり、「玄奘縁日」として午後1時より玄奘塔と壁画殿で般若心経を読誦しています。特に1月は玄奘縁日として平和祈願法要を行っています。

平成館では、薬師寺の壁画殿とはまた違い、ライティングも違い間近にで拝観いただけます。見え方が違いとても雄大に見えると思います。

1度だけではなく、2度、3度と行っていただくと、壁画に書かれている絵の深みが感じられると思います。

東京国立博物館NHK朝日新聞社

合掌

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

« 薬師寺東関東別院 | トップページ | 若草山山焼き »

その他」カテゴリの記事