« 梅の花 | トップページ | 東京初薬師縁日 »

東塔特別入堂拝観

『国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

平成23年3月1日(火)~21日(祝・月)

0101_042

 薬師寺 国宝「東塔」は、平成22年11月から解体工事のため素屋根建設に着工予定でしたが、県当局による「素屋根工法の再検討」の為、着工が平成23年度に延期されることになりました。それに伴いまして、当山では、下記の期間、一般参拝の方を対象に「国宝東塔特別入堂拝観」をすることとなりました。

 東塔は薬師寺で唯一現存する奈良時代の建造物で、その美しい姿は「凍れる音楽」と称されています。塔の心柱が空洞化するなど損傷が激しいため、明治31年以来110年ぶりに解体修理が行われます。

 素屋根に覆われると、平成30年度までの約8年間は東塔の外観を見ることができなくなります。平成の大修理以前の初層入堂拝観はまたとない機会であります。

期間 平成23年3月1日(火)~21日(祝・月)

時間 東塔入堂 8時30分~17時

東塔入道は下記通常拝観料に別途、特別入堂拝観料500円が必要です。

 尚、この期間同時に「西塔内陣入堂拝観」(1日3回各30分)もしております。

【通常拝観料】

玄奘三蔵院伽藍非公開時(拝観料 大人500円円)3/1~3/18

玄奘三蔵院伽藍公開時 (拝観料 大人800円)3/19~3/21

尚、玄奘三蔵院伽藍公開期間は、以下の通りとなります。

平成23年3月19日(土)~平成24年1月5日(木)

合掌

H23

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

« 梅の花 | トップページ | 東京初薬師縁日 »

国宝 東塔」カテゴリの記事