« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

花会式第2日目

平成23年3月31日(木)

花会式第2日目

日中の奉納行事が金堂前の舞台で行われました。

輪袈裟・肩衣の贈呈であと、

染色画家 鳥羽美花画伯より「凛 西の京より」の屏風をご奉納いただきました。0331_018_2

大導師の山田法胤管主の挨拶の後、花会式日中の法要が金堂で行われました。0331_000

舞台においては石州流茶道宗家 片桐貞光宗匠による献茶がございました。

0331_015_2 

西回廊において石州流の野点席のご奉仕をいただきました。0331_028

その後、飛鳥太鼓による奉納演奏があり、15時よりお写経道場にて村上太胤執事長の法話がございました。0331_022

お写経道場前の淡墨桜は三分咲きから4分咲きになりました。0331_034

もう一本の薄墨桜はほぼ満開です。0330_034

西回廊と大講堂の間に平成21年に植樹された持統桜は満開です。0331_032

◆玄奘三蔵院伽藍の回廊では3月29日~4月5日昼過ぎまで椿展を開催しています。

0330_030

合掌

|

薬師桜

「薬師桜」

薬師寺大宝蔵殿前に平成16年3月、山形県白鷹町県指定天然記念物・樹齢1300年のエドヒガンサクラの若木を植樹。

今朝花が咲いていました。

0329_002 0329_001 合掌

|

花会式

平成23年修二会 花会式

3月30日~4月5日

0328_2 0328_01

合掌

|

3月28日お身拭い式

「お身拭い式」

3月28日午後1時より金堂において、お身拭いの法要を行います。これは3月30日より4月5日まで金堂において修二会花会式の準備として仏さまのお身のほこりを払います。

合掌

|

淡墨桜開花

お写経道場前の淡墨桜が平成23年3月26日開花いたしました。(昨年の開花は3月15日でした)

花会式の期間中が見ごろと思われます。

0326_001 0326_003 0326_004

合掌

|

青年衆のご奉仕

花会式(はなえしき)の裏方を堂童子(どうどうじ)と申します。3月30日夜7時から初夜の行法が始まります。僧侶が入堂・着座すると堂司(どうつかさ)が「堂童子 堂童子」と声をかけます。堂の後で堂童子が「奉(ホ)」と返事を致します。堂司は「初夜の鐘」と申します。そして、堂童子により金堂内の鐘が3打鳴らされます。

鐘の合図で時導師(じどうし)が出てきて薬師悔過を始めます。

法会の中では初夜、半夜、後夜、晨朝、日中、日没の呼び出し等毎回ございます。鐘や太鼓をたたき、法会の準備一切をいたします。

伝統的な堂童子は地元の上田家が代々堂童子頭(頭領)を勤めていただいています。平素は紺色の法被(はっぴ)を着ていますが、5日の結願法要では赤衣(せきえ)を着けます。

この堂童子のほかにご奉仕をくださる高校生から大学院生の学生さんが、花会式にご奉仕お手伝いを頂いています。昔はこの学生さんも堂童子と呼んでいましたが今は「青年衆」と申します。

春休みにアルバイトをするのではなく全国から薬師寺へ泊りがけでご奉仕に来ていただきます。寺では緑色の法被を着けて、主に参拝者のお世話や食堂、お掃除、行事の裏方をして頂いています。

このページをご覧の学生さんも伝統的な法会に参加して自己を見つめ修練の場としてみてはいかがでしょうか。

(※アルバイトではありません)

『修二会(しゅにえ)花会式・青年衆ご奉仕のご案内』

薬師寺では、修二会花会式の期間、青年衆(学生)の参籠(さんろう)ご奉仕の募集を致します。900年以上続く伝統的な花会式の法要に参加し、奉仕活動を通して人生の生き方を学び自己を見つめ、修練の場としてご参加下さい。

期間 平成23年3月26日~4月6日

受付 毎日午後1時 お写経道場(納所受付)

滞在日数 期間中(なるべく2泊以上)

持参品 作業しやすい服装、着替え、運動靴、筆記用具、健康保険証、宿泊用具(洗面具・タオルなど)軍手、エプロン(女子)

参加資格 高校生から大学院生

参加内容 境内の掃除、心の掃除、お身拭い(3月28日)、薬師悔過行法参拝、参拝者のお世話など。

参加方法 ハガキまたはFAXにて、〒、ご住所、氏名(ふりがな)、性別、学校名、学年、年齢、電話番号、滞在期間(来時・帰時時間までご記入下さい。)

なお、高校生は保護者名(印)を明記

お申し込み期限は参加予定日の2日前(必着)です。また、特別な事情がない限り、希望者全員を受け入れますので、当方からの返事は致しません。

参加者は、一般的な常識のある行動、服装や髪型でお願いします。お寺の運営方針に反した場合、参加のお断りを申し上げることがありますのでご了承下さい。

〒630-8563奈良市西ノ京町457

薬師寺修二会納所(なっしょ)・青年衆係迄お申し込み下さい。

FAX 0742-33-6004

合掌

|

国宝 薬師寺展

平成23年7月29日(金)~10月2日(日)

岐阜市歴史博物館において「国宝 薬師寺展」を開催いたします。

月曜日休館(ただし9月19日は開館・20日は休館)

0303_000

合掌

|

薄墨桜開花

薬師寺玄奘三蔵院に向かう参道に植えられている、福井県越前市より植樹された「薄墨桜」が3月23日開花致しました。

0323_003 0323_001

合掌

|

国宝 東塔

平成23年3月21日で国宝東塔特別入堂拝観は終わりました。

3月22日より東塔解体修理にむけて調査用の撮影を致しています。東塔前には撮影用の機材が3日間ほど設置されていて見苦しいとは思いますが、美しい三重塔全体を拝むことはできます。

◆大宝蔵殿では、春の特別公開中「慈恩大師のすべて」展です。

 慈恩大師[じおんだいし](631~682)は、名を大乗基または単に基と呼び、17歳で玄奘三蔵の弟子となり、瑜伽唯識の法を究め、『成唯識論[じょうゆいしきろん]』という書物を完成させて法相教学を集大成し、法相宗を開かれた宗祖です。後世「百本の疏主、百本の論師」と呼ばれ崇敬されました。今日では慈恩大師の命日にあたる11月13日に、慈恩大師の画像をご本尊としてかかげ遺徳を讃嘆し、伝統的な講問論議を行なう慈恩会[じおんね]が厳修[ごんしゅう]されています。

◆玄奘三蔵院伽藍では、平山郁夫画伯の壁画公開中です。

◆玄奘三蔵院伽藍の回廊では書道展を開催中です。

◆白鳳伽藍の勧進所(お茶所)では、切り絵の展示を致しています。

合掌

|

一光書法会

平成23年3月19日(土)から27日(日)まで、玄奘三蔵院伽藍の回廊において、一光書法会「薬師寺展」を行っています。

0319_003

合掌

|

玄奘三蔵院伽藍公開

平成23年3月19日(土)より平成24年1月5日(木)

玄奘三蔵院伽藍の公開と大唐西域壁画殿において平山郁夫画伯大唐西域壁画の公開を致します。

1月18日より3月6日まで東京国立博物館の平成館に出陳していたものが壁画殿に安置いたしました。満天の星空の天井絵と砂漠の床と7場面の壁画が一体となり、玄奘三蔵法師の求法の道を是非ご参拝下さい。

3月21日まで国宝 東塔の特別入堂参拝と西塔内陣特別公開を致しています。

大宝蔵殿は、玄奘三蔵がインドで学びし教学を受け継いだ、法相宗の宗祖「慈恩大師のすべて」展を開催中です。

参拝券には、白鳳伽藍と玄奘三蔵院伽藍(800円)に東塔入堂券(500円)と大宝蔵殿(500円)となり、共通割引券(大人1800円→1500円)がございます。

合掌

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内~3月21日迄

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海 うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

救援募金箱設置

Photo 薬師寺の金堂、お写経道場、東京別院に「東日本大震災救援募金箱」を設置して、参拝の皆様より救援募金にご協力お願いいたします。

合掌

|

東京別院写経会

平成23年3月15日(火)

東京別院において、午前中お写経と法話の集いを開催いたしました。

計画停電の影響により、鉄道の運休等で東京別院にお越しいただけなかった方もありました。参加された方々とご一緒に般若心経を唱え、東日本大震災歿諸霊のご冥福をお祈りし、また、災害の早期終結、人々の心身安楽を祈り、お写経をさせていただきました。

合掌

|

横浜お写経会中止

平成23年3月16日(水)午前・午後の2回行う予定でした、薬師寺奉賛会主催のお写経と法話の集いは、東日本大震災のため、余震や停電があり行うことが難しくなりました。よって、今回は横浜万国橋会議センターでの午前・午後の2回とも中止とさせていただきます。

なお、明日3月15日(火)午前10時から薬師寺東京別院でのお写経と法話の集いは開催いたします。

合掌

|

東塔・西塔特別公開

0213_002 平成23年3月21日まで国宝・東塔と西塔の特別公開をしています。

東塔の初層には創建当初の天井絵があります。

513_002_2

西塔には復元された天井絵があります。

003

合掌

|

お見舞い申し上げます

平成23年3月11日14時46分宮城県三陸沖を震源としたマグニチュード8.8の巨大地震が発生した「東北地方太平洋沖地震」でお亡くなりになられましたお命のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に謹んで心よりお見舞い申し上げます。

奈良薬師寺の事務所でもゆっくりとした揺れを感じ、乗り物酔いのような感じを受ける方もあり、テレビのスイッチを入れ地震のニュースを知ったことでした。

薬師寺の境内では、揺れは感じられなかったようですが、建物の中にいた参拝の方は地震を感じ、東塔を見上げると水煙が揺れていたそうです。鐘楼の鐘もゆらゆらと揺れていたということでした。

なお、余震や津波の心配がございます。ご注意下さい。

合掌

|

12日東京別院縁日法要

東京別院縁日法要と管主法話

   (参加は無料です)

平成23年3月12日(土)

午後1時~大般若経転読法要

 法要後  山田法胤管主法話

Photo

東京別院お写経道場では、朝9時~夕5時お写経を書写して頂けます。

東京別院へは、JR山手線 五反田駅下車徒歩8分

〒140-0022 東京都品川区東五反田5-15-17

TEL 03-3443-1620

FAX 03-3449-5963

Map

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内~3月21日迄

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海 うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

合掌

|

名古屋 四季の説法

名古屋薬師寺会

『四季の説法』

平成23年3月11日(金)13:30~15:30

 講師   安田暎胤長老Photo_10

※参加対象は一般です。当日会場にお越し下さい。

※日程・講師が変更になることがございます。

会場 メルパルク名古屋

会場までの交通はJR・地下鉄「千種駅」1番出口または地下鉄「車道駅」3番出口より徒歩2分

合掌

|

東京・横浜お写経会

「お写経と法話の集い」

◆東京別院会場 3月15日(火)

◇会 場  薬師寺東京別院

◇時 間  10:00~12:00

◇内 容  お写経「般若心経」

       法話「玄奘三蔵と般若心経」

◇講 師  生駒基達 薬師寺執事

◇参加費  3千円(お写経納経料等)

◇人 数  先着40名(定員になりしだい締め切ります)

◆横浜会場 3月16日(水)

◇会 場  横浜 万国橋会議センター401・402号室

◇時 間   9:45~12:00(午前の部)

       14:00~16:00(午後の部)

◇内 容  お写経「般若心経」

       法話「玄奘三蔵と般若心経」

◇講 師  生駒基達 薬師寺執事

◇参加費  3千円(お写経納経料等)

◇人 数  先着80名(定員になりしだい締め切ります)

お申し込みは、会場名、ご結縁者号(薬師寺の結縁番号をお持ちの方)氏名、住所、TEL、FAXを明記の上、ファクシミリ、または、お電話にて薬師寺奉賛会までお申し込み下さい。

   FAX 0742-33-6004

   TEL 0742-33-6001

なお、「般若心経」のお写経にかえ、「国宝 東塔大修理 特別写経」を書写される方は参加費として1万1千円(お写経納経料等)です。お申し込み時にご連絡下さい。

※先着順とさせて頂くため、定員を超えた場合にはお断りすることがございます。

※参加証はございません。お申し込みをいただきました方は、直接会場にお越し下さい。先着順ですので〆切後の方には連絡通知いたします。

合掌

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海 うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

八日薬師縁日法要

平成23年3月8日(火)

薬師縁日・大般若経転読法要を11時より金堂で行います。

13時よりお写経道場にて山田法胤管主により法話がございます。

合掌

|

西塔内陣特別拝観行列

西塔内陣特別拝観

西塔前に西塔に入る方の長い行列の様子です。3月6日13時

0306_000

合掌

|

6日最終日

東京国立博物館 平成館において開催中の

「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」特別展は

本日3月6日(日)限りとなりました。

薬師寺玄奘三蔵院伽藍 大唐西域壁画殿にご奉納された壁画を出陳しています。

薬師寺の壁画殿とはまた違い、一つ一つの絵の広がりというのでしょうか迫力を感じていただけるように思います。

またとない機会です。是非ともご覧下さい。9:30~17:00

※奈良薬師寺玄奘三蔵院では、3月19日(土)~平成24年1月5日(木)8:30~17:00

大唐西域壁画殿において特別公開いたします。

薬師寺東京別院でも本日6日まで、「薬師寺の文化財保護展」を開催しています。

東京別院では、僧侶の法話も随時行っています。

9:00~17:00(特別公開 拝観料 500円 お抹茶付)

お写経道場では、お写経を書写いただけます。

お写経納経料は般若心経 2,000円です。

奈良薬師寺では、3月6日10:30~11:00不動堂において庚申祭を行います。

国宝東塔入堂拝観・西塔内陣特別拝観は3月21日まで公開いたしています。

合掌

特別展 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

JR東海 うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

3月5日の東塔

平成23年3月5日(土)天気:晴れ

0305_000

土曜日とあって東塔・西塔の入堂参拝に多くの方が全国からお越しいただき、行列ができました。

0305_006 大宝蔵殿に行くところには梅が8分咲きで梅の香りがいたします。

合掌

|

3月玄奘縁日

『玄奘縁日法要』

平成23年3月5日(土)午後1時より玄奘三蔵院伽藍・玄奘塔において法要を致します。

大唐西域壁画は、3月6日まで東京上野にある東京国立博物館にて開催中の「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」特別展に出陳中の為、壁画殿の公開はございません。

奈良薬師寺での壁画は、平成23年3月19日より平成24年1月5日まで公開いたします。

合掌

|

西塔内陣特別拝観

『西塔内陣特別拝観』

815_004

平成23年3月1日(火)~3月21日(祝)迄

時間は11時・13時・15時の1日3回 各30分間

国宝東塔をモデルとして昭和56年に再建された西塔の内部には、東塔内に画かれていた天井絵「宝相華ほうそうげ」が復元しています。

513_002

003

解体修理を前に、21日まで東塔も公開中です。東塔は朝8時半~17時まで(受付は16時半まで)公開しています。

合掌

仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護~6日迄

国宝 東塔特別入堂参拝~21日迄

国宝東塔修理特別写経のお願い

JR東海 うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

CDブック こころの法話

朝日新聞出版から古寺をめぐる こころの法話 CDブック №2

薬師寺管主 山田法胤「毎日の生活に正しいリズムを」

CDには、山田法胤管主の法話、勤行「般若心経、唯識三十頌 ほか」収録されています。

書店にて発売中です。価格1280円

薬師寺では、毎月8日午後1時よりお写経道場にて、山田法胤管主の法話がございます。

東京別院では、毎月12日午後1時より大般若経転読法要の後、山田法胤管主の法話がございます。法話会にご参加いただけない方には、良いものかと思います。

本の中では、薬師寺の歴史や魅力を紹介しています。

0301_0cd_5

合掌

|

3月の行事(H23)

平成23年3月行事予定

奈良薬師寺 本山

3月1日(火) 国宝 東塔特別入堂拝観~21日迄

     (東塔特別拝観料500円・別途薬師寺拝観料が必要)

       国宝慈恩大師像特別公開大宝蔵殿~4月10日迄

     (大宝蔵殿拝観料500円・別途薬師寺拝観料が必要)

        西塔内陣特別拝観~21日迄

  (西塔内陣特別拝観は11時・13時・15時の各30分間、

   薬師寺拝観料で参拝できます。)

※薬師寺拝観料と東塔と大宝蔵殿をセットにした共通拝観券

 一  般1500円→1200円(3月1日~3月18日迄)

 中高生1400円→1100円(3月1日~3月18日迄)

 小学生200円

※薬師寺拝観料と東塔と大宝蔵殿セットにした共通拝観券

 一  般1800円→1500円(3月19日~3月21日迄)

 中高生1700円→1400円(3月19日~3月21日迄)

 小学生300円

Photo_3 0226_000_2

3月5日(土) 玄奘縁日(玄奘三藏院・玄奘塔・礼門)

         13時~ 玄奘縁日法要

         13時半~法話 村上太胤執事長

※大唐西域壁画は東京国立博物館「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護展」に出陳中3月6日迄

3月6日(日) 10時半~11時 庚申祭(不動堂)

3月8日(火) 11時~薬師縁日法要(金堂)

         13時~山田法胤管主法話・写経道場

3月19日(土)玄奘三蔵院伽藍・大唐西域壁画公開

        ~平成24年1月5日迄

3月20日(日)11時~彌勒縁日法要(大講堂)

         13時~月例まほろば塾(要申し込み)

        吉岡幸雄氏(染織家・染司よしおか5代目当主)

        安田暎胤長老(薬師寺・長老)

0301

3月28日(月)13時~お身拭い式(金堂・大講堂・東院堂)

3月30日(水)19時~修二会花会式 薬師悔過法要

              ・初夜・半夜(金堂)~4月5日迄

3月31日(木)午前3時~修二会花会式 薬師悔過法要

               ・後夜・晨朝

         13時~修二会花会式 薬師悔過法要

              ・日中・日没

              献茶 石州流茶道宗家 片桐貞光宗匠

              奉納演奏 飛鳥太鼓代表 石井博文師

         15時~法話「花会式」 講師 村上太胤執事長

              ~4月5日迄

         19時~修二会花会式 薬師悔過法要

              ・初夜・半夜

※花会式・野点席(西回廊)午前10時30分~午後3時

   野点席招待券必要~4月5日迄

0228_0

東京別院

3月1日(火)「薬師寺の文化財保護展」

        新たに確認・修復された寺宝~6日迄

0216_000_2

3月12日(土)13時~

         大般若経転読法要と山田法胤管主法話

3月15日(火)10時~お写経と法話の集い(申込必要)

0228_0   

3月19日(土)『般若心経の心』村上太胤執事長 休講

3月20日(日)14時~唯識特別講義『唯識三十頌を説く』

              松久保秀胤長老

3月26日(土)10時半~東京行基さんの会

            山田法胤(薬師寺管主・喜光寺住職)

            小林澤應(薬師寺録事・喜光寺副住職)

3月27日(日)13時~お写経と『法句経』法話大谷徹奘執事

講師や日程が変更される場合がございます。

【その他】

3月16日(水)9時45分~午前の部・横浜

              お写経と法話の集い(申込必要)

         場所:横浜万国橋会議センター401・402号室

         14時~午後の部・横浜

              お写経と法話の集い(申込必要)

         場所:横浜万国橋会議センター401・402号室

0228_0

【関係寺院】

講師や日程が変更される場合がございます。

奈良 清涼山 喜光寺 http://www.kikouji.com/ 

 3月2日(水)行基会大祭 山田法胤管主

長野 蓼科山 聖光寺 http://www.geocities.jp/qbnrh725/

 3月18日(金)13時半~松久保秀胤長老

●岐阜 真佛山 地蔵寺

 3月10日(木)10時半~安田暎胤長老

●岐阜 川崎山 薬師寺岐阜別院

 3月6日(日)10時~お写経会

          14時~縁日法要 村上太胤執事長

茨城 水雲山 潮音寺 薬師寺東関東別院 http://www.choonji.com/

 3月6日(日)13時半~護摩供養 松久保秀胤長老

 3月26日(土)13時半~観音縁日 大谷徹奘執事 

●薬師寺咒師本部 南都修験道

 4月4日(月)15時~ 修二会花会式 柴燈大護摩供

                        (薬師寺不動堂前)

404_027

【その他】

各地講演会場。お近くの方はご参加下さい。

講師や日程が変更される場合がございます。

●大阪 薬師寺会 (要参加費)

 阪急グランドビル26階会議室

 3月9日(水)14時~松久保秀胤長老 

●名古屋薬師寺会 (要参加費)

 『四季の説法』会場:メルパルク名古屋(千種駅下車)

 3月11日(金)13時半~安田暎胤長老

●名古屋 唯識講 (要参加費)

 会場:メルパルク名古屋(千種駅下車)

●薬師寺 東京まほろば塾 (要申し込み)

 会場:三越日本橋店6階三越劇場

03010

●浜松薬師寺会・まほろば塾 (要参加費)

 会場:㈱静岡新聞社プレスタワー17階

 3月11日(金)13時~大谷徹奘執事

●仙台薬師寺会・まほろば塾 (要参加費)

 会場:エル・パーク仙台5階セミナーホール(141ビル内)

 3月23日(水)13時~大谷徹奘執事

●高崎薬師寺会

 平成23年11月27日(日)予定 村上太胤執事長

●広島薬師寺会・まほろば塾 (要参加費)

 4月9日(土)13時~予定  生駒基達執事

         『お写経と法話の集い』

         広島西区民文化センター3階会議室

●白浜薬師堂法要と法話(和歌山県)

 毎月12日19時半~20時半

合掌

特別展 仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護

国宝 東塔特別入堂参拝』のご案内

国宝東塔修理特別写経のお願い

JR東海 うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »