« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

信ずるとは何か 橋本凝胤 本

1200_000_3 1129_005_6

1129_008

平成23年11月 芸術新聞社より

橋本凝胤師『信ずるとは何か』の本が出版されました。

定価:本体2,400円+税

薬師寺にもございます。

全国の書店でお求め下さい。

橋本凝胤和上は、高田好胤、松久保秀胤、山田法胤、村上太胤のお師匠さまです。

※はしもとぎょういん 

明治30年(1897)奈良県生まれ。

明治37年(1904)法隆寺に入寺。佐伯定胤大僧正に師事

昭和14年(1939)薬師寺管主(住職)に就任

昭和16年(1941)法相宗管長に就任

昭和42年(1967)薬師寺長老

昭和53年(1978)3月25日遷化

合掌

Amazon【信ずるとは何か 橋本凝胤】

|

越前から赤米奉納

1122_000 今年も平成23年11月22日修学旅行で訪れた福井県越前市の南中山小学校5年生と引率教諭数名にて、赤米(一石)の奉納をいただきました。

昭和61年、平城京の長屋王の屋敷跡から出土した大量の木簡の中に「丹生郡中津山・・・」と書かれた荷札が見つかり、奈良の都と南中山地区は歴史的に深いつながりがあったことがわかり、今年、赤米を育て収穫したものを、奈良の都の薬師寺へご奉納いただきました。

奈良時代の衣装を着て30キロの米俵を4人で担いで2組運んで来てくれました。

1122_002

1122_001

金堂の薬師如来さまにご奉納、伽藍担当僧侶皆で受け取り、修学旅行の無事安全と健康と学徳増進を祈念いたしました。

福井県と薬師寺は平山郁夫画伯の大唐西域壁画の紙も越前和紙でもあり、薬師寺のお写経用紙も越前和紙です。いろいろと現在もご縁があります。

ありがとうございました。

合掌

|

大阪のホテルでお写経

『ホテルで過ごすお写経と法話会』

1122_010

415_001

●リーガロイヤルホテル特別講座

ホテルで過ごす写経のひととき

般若心経の教えとお写経の意義についてお話を聞いたあとお手本に写経用紙を重ねて写します。
写経の用紙や筆記用具はご用意します。心静かに般若心経の教えに触れてみましょう。
初めての方もお気軽にご参加ください。

日 時 2011年11月22日(火) 13:00~16:00(受付 12:30~)
講 師 村上 太胤(薬師寺執事長)Photo
受講料 ¥4,000
(写経代・納経料¥2,000、お茶・お菓子、税金・サービス料含む)
※写経代・納経料は薬師寺の白鳳伽藍の復興に使われます。
会場 リーガロイヤルホテル クラウンル-ム(タワーウイング28階)

エコールドロイヤルについて
お申し込み・お問い合わせはこちら

〒530-0005 大阪市北区中之島5-3-68
TEL (06)6441-2938(予約専用・直通)
FAX (06)6448-0903
EMAIL
culture@rihga.co.jp

合掌

|

高崎お写経と法話

1031_000_6 

平成23年11月27日(日)

◆高崎にて「お写経と法話の集い」を10時~12時まで開催いたします。

10時~「お写経」

11時~法話「般若心経の心」

  講師 生駒基達執事

会場 高崎市労使会館 3階ホール

参加費(納経料)3,000円、般若心経のお写経の他に東塔特別写経もございます。般若心経にかえて東塔特別写経をされる方は、参加費(納経料)11,000円となります。

参加申し込みは、薬師寺「高崎お写経と法話」係り

TEL0742-33-6001 FAX0742-33-6004

◆13時30分~16時30分

「薬師寺執事長講演会」

講師 村上太胤執事長「奈良の仏教 神と仏の世界」

講師 生駒基達執事「喜びと感謝と敬いの心」

会場 「高崎市労使会館」3Fホール

高崎駅東口より徒歩5分

高崎市東町80-1(群馬トヨタ本社ビル北側)

参加費 無料

当日、会場へお越し下さい。

000000000

【奈良薬師寺参拝情報】

合掌

薬師寺秋の宝物公開

玄奘三蔵院伽藍・平山郁夫画伯大唐西域壁画特別開扉

国宝 東塔について

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

法徳寺お十夜

【法徳寺 お十夜参拝のご案内】

法徳寺のお十夜(毎年11月15日)には、薬師寺管主の故 高田好胤和上が平成8年まで毎年必ずお参りされ、法話をされていました。

今年は、薬師寺執事の松久保伽秀がお話に行きます。

夜の法要です。是非お参り下さい。

            記

平成23年11月15日(火)

午後6時半 十夜法要

薬師寺別当探題大僧正 高田好胤大和上 追悼法要

万国戦没者法要

午後7時15分 法話 松久保伽秀 薬師寺執事

午後8時30分 中風除け あずき粥 接待

場所 奈良市十輪院町23

融通念仏宗 法徳寺

電話 0742-22-3451

合掌

        

|

秋の宝物公開 ⑬

【 秋の宝物公開 11月13日まで

0

慈恩大師立像 江戸時代

平成18年(2006)~平成20年(2008)修理

00 十一面千手観音像 鎌倉時代寺内初公開

平成20年(2008)~平成22年(2010)修理

000_2大講堂 弥勒三尊像に関わる修理と復元

(上)菩薩像頭部室町時代 木造

(中)重要文化財菩薩像頭部 江戸時代 金銅造

(下)菩薩像頭部復元模造 平成8年作 樹脂造

奈良薬師寺 大宝蔵殿において、国宝秘仏 吉祥天女画像と共に平成23年11月13日()まで特別公開しています。

  大宝蔵殿の拝観料は 大人 一人 500円

             (薬師寺拝観料別途必要)

合掌

国宝 東塔について

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

慈恩会

平成23年11月13日(日)の慈恩会は、興福寺において19時より法要が始まります。

法相宗宗祖 慈恩大師のご命日にあたる11月13日には薬師寺・興福寺の僧侶が合同で法要を致します。本年の慈恩会(じおんね)では法相宗の僧侶の登竜門としての竪義(りゅうぎ)が行われます。

合掌

|

11月12日東京別院

薬師寺東京別院

11月12日(土)13時~大般若経転読法要と山田管主法話

11月19日(土)13時~『般若心経の心』村上太胤執事長

11月23日(水祝)10時半~三千佛会 山田法胤管主

            14時   三千佛会 山田法胤管主

11月26日(土)10時半~東京行基さんの会  小林澤應録事

11月27日(日)13時~お写経と『法句経』法話 大谷徹奘執事

※毎月12日13時より開始の定例法話の日には、当日東京別院にてお写経された方に限り、うどんのお接待があります。

合掌

国宝 吉祥天女画像特別開扉

玄奘三蔵院伽藍・平山郁夫画伯大唐西域壁画特別開扉

国宝 東塔について

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

秋の宝物公開 ⑫

【 秋の宝物公開 】

0

国宝吉祥天画像厨子

大正9年(1920)新調

000_2

厨子裏銘文

「大正9年庚申9月日

奉寄進南都薬師寺國寶吉祥天画像之厨子 1口

男爵 益田 孝」

奈良薬師寺 大宝蔵殿において、国宝秘仏 吉祥天女画像と共に平成23年11月13日()まで特別公開しています。

合掌

|

秋の宝物公開 ⑪

 秋の宝物公開 

昭和55年(1980)より奈良文化財研究所と東京大学史料編纂所の合同で調査されている薬師寺の古文書

0

評定行事日記 江戸前期 初公開

0_2

評定行事日記(懐慧書写本)江戸中期初公開

0_3集会評定掟法目録事安土桃山時代初公開

0_4修二月会記録室町時代初公開

平成18年(2006)に設立された薬師寺宝物管理研究所によって再調査されている薬師寺の聖教

0_5

法華経玄賛要集平安後期寺内初公開

0_6応理大乗伝通要録鎌倉中期寺内初公開

0_7

大般若経音義鎌倉後期内初公開

奈良薬師寺 大宝蔵殿において、国宝秘仏 吉祥天女画像と共に平成23年11月13日()まで特別公開しています。

  大宝蔵殿の拝観料は 大人 一人 500円

             (薬師寺拝観料別途必要)

合掌

|

名古屋・岐阜 法話会

名古屋薬師寺会

『四季の説法』

平成23年11月11日(金)13:30~15:30

 講師 安田暎胤 長老

平成23年12月13日(火)13:30~15:30

 講師 山田法胤 管主

※参加費 お一人 800円

※参加対象は一般です。当日会場にお越し下さい。

※日程・講師が変更になることがございます。

会場 メルパルク名古屋

会場までの交通はJR・地下鉄「千種駅」1番出口または地下鉄「車道駅」3番出口より徒歩2分

岐阜

岐阜には毎月、安田暎胤長老、村上太胤執事長が法話をしている末寺がございますのでご紹介いたします。

●真佛山「地蔵寺」

毎月10日10時30分から法要と法話(安田暎胤・安田奘基)があります。

11月10日(木) 10:30~

Photo_2  00   

〒500-8453 岐阜市加納鉄砲町3-56

お問合せ 電話0582-71-6657

●川崎山「薬師寺」(薬師寺岐阜別院)

  東海四十九薬師霊場 第16番札所

毎月第一日曜日

12月4日 9時からお写経会

          10時から法要

          10時30分から法話・村上太胤

Photo_6 

〒504-0835岐阜県各務原市那加雄飛ケ丘町129

お問合せ 電話 0583-83-5412

是非、ご参加下さい。

合掌

国宝 東塔について

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

薬師縁日法要

0

平成23年11月8日午前11時より金堂おいて薬師縁日・大般若経転読法要を行います。

毎月8日、大般若経転読のお札があります。11時までにお申し込み下さい。御祈願いたします。一躰 千円

午後1時よりお写経道場にて山田法胤管主の法話があります。

お写経は、朝8時半より夕5時までの間、お写経道場にて書写していただけます。

ご参拝をお待ち申し上げます。

合掌

国宝 東塔について

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

秋の宝物公開 ⑩

 秋の宝物公開 

0 毘沙門天像 奈良市指定文化財

南北朝時代 木造彩色 

平成4年~平成5年修理

修理を行ったおり、体内より「金光明最勝王経」2巻が発見されている。

000

奈良薬師寺 大宝蔵殿において、国宝秘仏 吉祥天女画像と共に平成23年11月13日()まで特別公開しています。

  大宝蔵殿の拝観料は 大人 一人 500円

             (薬師寺拝観料別途必要)

合掌

|

11月5日(H23)

0801_000

◆玄奘縁日法要

11月5日13時より薬師寺玄奘三蔵院伽藍において、玄奘三蔵法師の月命日である5日、玄奘塔にて法要を行います。その後、大唐西域壁画殿(平山郁夫画伯筆)にて般若心経1巻を読誦します。

13時半より五観の間で法話がございます。

玄奘三蔵のご威徳顕彰の法要です。是非、ご参拝下さい。

◆植樹法要

11月5日10時半より玄奘三蔵院に於いて桜の植樹法要を行います。

◆たまご供養

11月5日14時半より大講堂において「たまご供養法要」を行います。

◆秋の宝物公開

2_2  秘仏 吉祥天女画像(国宝)の特別開扉を薬師寺大宝蔵殿にて行っています。

「薬師寺の文化財保護展」

11月13日(日)まで開催中。

◆切り絵展

薬師寺勧進所において、「切り絵で見るうるわしの薬師寺」の展示を行っています。

★交通 薬師寺へは

京都駅から近鉄電車に乗り、西ノ京駅下車すぐ。

土日祝日には、近鉄京都駅から近鉄西ノ京駅まで近鉄特急、急行が停車します。

平日は京都から近鉄大和西大寺駅乗り換え、橿原神宮前行きまたは、天理行き普通列車に乗り、2つ目の西ノ京駅下車すぐ。

近鉄大阪難波駅から近鉄大和西大寺駅乗り換え、橿原神宮前行きまたは、天理行き普通列車に乗り、2つ目の西ノ京駅下車すぐ。土日祝日には、橿原神宮前行き又は天理行き急行が停車します。

【奈良薬師寺参拝情報】バス

●国民文化祭

「第26回国民文化祭・京都2011」では、平成23年11月5日・6日八坂倶楽部と建仁寺塔頭寺院(禅居庵)会場においてお香の会を開催します。八坂倶楽部では、生駒基達薬師寺執事による辻説法「お香と仏教」を行います。

八坂倶楽部(京都市東山区祇園町南側570-2)
AM10:00~PM17:00(入場は16:00まで)

★その他000000000_2

 お写経と法話

 各地薬師寺会

 岐阜末寺

合掌

国宝 東塔について

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

秋の宝物公開 ⑨

 秋の宝物公開 

0 国宝 東塔の連弁 奈良時代

国宝東塔、水煙の上に宝珠と龍舎があります。その宝珠の蓮弁(青銅製)が破損しています。

下記は東塔相輪部

000

奈良薬師寺 大宝蔵殿において、国宝秘仏 吉祥天女画像と共に平成23年11月13日()まで特別公開しています。

  大宝蔵殿の拝観料は 大人 一人 500円

             (薬師寺拝観料別途必要)

.

合掌

|

秋の宝物公開 ⑧

 秋の宝物公開 

 

国宝 東塔初重支輪板 奈良時代

0_2

平成20年に剥落止めの修理

000国宝東塔の初重の天井には奈良時代(右)の彩色によって荘厳されています。左は復原されたものです。金堂・西塔・大講堂の天井に彩色されています。

宝相華(ほうそうげ)という極楽に咲く花で、蓮のような花です。奈良時代の彩色法である繧繝(うんげん)【暈繝】彩色というグラデーションのような描きです。

奈良薬師寺 大宝蔵殿において、国宝秘仏 吉祥天女画像と共に平成23年11月13日()まで特別公開しています。

  大宝蔵殿の拝観料は 大人 一人 500円

             (薬師寺拝観料別途必要)

.

合掌

|

ブックマークしよう!

薬師寺日記】をご覧のみなさまへ

ブックマーク(お気に入り追加)に登録して、これからもご覧下さい。

合掌

|

秋の宝物公開 ⑦

 秋の宝物公開 

0_2 大般若波羅蜜多経(永恩経)寺内初公開

平成22年調査・新発見 47帖 奈良時代

平成22年9月に発見されたこの大般若波羅蜜多経は、昭和57年12月まで毎月8日の大般若経転読法要に使用されていたものの中の47帖である。

000

奈良薬師寺 大宝蔵殿において、国宝秘仏 吉祥天女画像と共に平成23年11月13日()まで特別公開しています。

  大宝蔵殿の拝観料は 大人 一人 500円

             (薬師寺拝観料別途必要)

.

合掌

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »