« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

H24花会式 第2日

修二会花会式 第二日

3月31日(土)13時より金堂において奉納行事を行います。

稚児行列(金堂内)

献香「香道御家流宗家 三條西堯水宗匠」0331_037_2

奉納演技「太極拳 中国武術健身協会 会長」0331_033_2

0331_035

0331_034_2

0331_031

0331_030

聞香席はまほろば会館にて開催。0331_027

野点席を西回廊において、遠州流奈良支部・大阪支部のご奉仕をいただきます。

◆【椿展】

0330_004

平成24年3月31日~4月5日

薬師寺玄奘三蔵院伽藍において「椿展」を行います。

◆31日お写経道場前の淡墨桜(薄住桜)としだれ桜が開花いたしました。

0331_024

0331_023

0331_026

合掌

|

H24花会式 初日

薄墨桜開花

0330_002_2

0330_003_2

合掌

|

花会式準備

0329_004 上記画像は、勧進所前の桜が咲き始めています。

平成24年3月29日

修二会 花会式 金堂に造花を飾る準備ができてきました。

緑のハッピを着た青年衆(ご奉仕の高校生~大学院生)により、金堂薬師三尊のご宝前に十種の造花(梅、桜、桃、椿、山吹、かきつばた、牡丹、百合、藤、菊)が飾られました。

3月30日夜7時の初夜から4月5日夜の結願法要まで金堂において、「修二会 薬師悔過法要 花会式」を行います。そして、日々の悔過とともに天下泰平、五穀豊穣、万民豊楽を祈っています。

0329_009

0329_014

0329_010

0329_012

お写経道場前の淡墨桜はまだ蕾です。

0329_002

0329_001

0329_006

今年からお写経道場前に、しだれ桜が植樹されました。0329_007_2

合掌

|

修二会花会式(H24)

平成24年修二会花会式・薬師悔過法要

3月30日(金)~4月5日(木)

日中 奉納行事

0301

|

お身拭い式

平成24年3月28日(水)午後1時より薬師寺金堂・薬師三尊(国宝)のお身拭いを行います。

修二会 花会式の準備に入ります。

合掌

|

桜開花

薬師寺の南門を入って東院堂の方に行くと桜の木があり、良く見ると一輪咲きました。

近鉄西ノ京駅のお写経者専用駐車場には、早咲きの河津桜一本が満開です。

これから毎日が楽しみです。

梅は満開です。

合掌

|

淡墨桜の蕾

0326_001

奈良薬師寺・お写経道場前の淡墨桜はまだ蕾です。しかし近いうちに開花すると思われます。3月30日~4月5日の花会式には見ごろと思われます。

0326_003

薬師寺大宝蔵殿では、「春の宝物公開」国宝吉祥天女像と薬師寺の文化財保護展を4月8日まで公開中です。

合掌

|

姫路・お写経と法話会

「お写経と法話の集い」のご案内

0419_0022_3

姫路会場 

日時 平成24年3月24日(土)13:30~16:30

場所 姫路市市民会館第6会議室

    (兵庫県姫路市総社本町112)

交通 JR「姫路駅」下車徒歩10分

【時間と内容】 

13:30 受付

13:45 お写経の説明 安田奘基 録事

14:00 お写経

     お写経用具はご用意してございます

15:10 法話「般若心経の心」 生駒基達 執事

16:15 終了

※会場では始めにお写経を書写いただき、後半は法話です。初めての方も気軽にご参加下さい。お写経は筆かB・2Bの鉛筆で書写いただきます。お写経用具はご用意いたしますが、筆、鉛筆はご持参頂いても構いません。

※参加費は一人3千円(般若心経納経料2千円含む)お写経は般若心経にかえて東塔大修理特別写経を書写される方は納経料等1万1千円です。

東塔大修理特別写経(1組2巻)は、第1入胎・第2受生・第3受楽・第4苦行・第5成道・第6転法輪・第7涅槃・第8分舎利・第9西塔・第10東塔の種類がございます。ご希望の番号をお申し込み下さい。

※当日、直接会場へお越し下さい。

◎お問い合わせは、薬師寺奉賛会へ

TEL 0742-33-6001

FAX 0742-33-6004

合掌

|

岡山・お写経と法話会

「お写経と法話の集い」のご案内

0419_0022_3

岡山会場 

日時 平成24年3月21日(水)13:30~16:30

場所 岡山県天神山文化プラザ3F会議室

   (岡山市北区天神町8-54)

交通 市内電車東山行「城下駅」下車徒歩3分・JR「岡山駅」下車徒歩15分

【時間と内容】 

13:30 受付

13:45 お写経の説明 安田奘基 録事

14:00 お写経

     お写経用具はご用意してございます

15:10 法話「般若心経の心」 生駒基達 執事

16:15 終了

※会場では始めにお写経を書写いただき、後半は法話です。初めての方も気軽にご参加下さい。お写経は筆かB・2Bの鉛筆で書写いただきます。お写経用具はご用意いたしますが、筆、鉛筆はご持参頂いても構いません。

※参加費は一人3千円(般若心経納経料2千円含む)お写経は般若心経にかえて東塔大修理特別写経を書写される方は納経料等1万1千円です。

東塔大修理特別写経(1組2巻)は、第1入胎・第2受生・第3受楽・第4苦行・第5成道・第6転法輪・第7涅槃・第8分舎利・第9西塔・第10東塔の種類がございます。ご希望の番号をお申し込み下さい。

※当日、直接会場へお越し下さい。

◎お問い合わせは、薬師寺奉賛会へ

TEL 0742-33-6001

FAX 0742-33-6004

合掌

|

一光書法会展

0316_005

東僧坊北側、梅の香りが良いです。

0316_001一光書法会展

平成24年3月17日~25日玄奘三蔵院伽藍において開催いたします。

合掌

|

インド仏跡巡拝納経の旅

0312_004 インド佛跡巡拝納経の旅(7日間)

平成24年3月10日(土)夜~3月16日(金)朝

加藤朝胤副執事長を導師として参加者64名他、総勢68名で巡拝させていただきました。

.

3月11日インド・ガヤ空港到着後

『インド大菩提寺法要』

インド・ブッダガヤ 大菩提寺において、東日本大震災一周忌法要をチベット僧侶、上座部僧侶、薬師寺加藤朝胤副執事長導師にて法要をいたしました。

インド大菩提寺法要
.

.

インド大菩提寺法要

スジャータ村の塔の前で法要と法話

インド仏跡
インド仏跡

.

3月12日ブッダガヤ大菩提寺大塔金剛宝座の南側に薬師寺国宝東塔大修理特別写経をお供えして法要、その後、西側に移動してチベット僧侶約120人の読経、チベット僧楽隊を先頭にチベット僧、お写経をこしにのせ五色の結縁縷を日本から参加者が持って印度山日本寺迄練供養を致しました。

納経法要
.

3月13日珍しく小雨。
ブッダガヤからナーランダまで90キロ、バスで2時間30分で玄奘三蔵法師が学ばれたナ―ランダ大学にて加藤朝胤副執事長導師により法要と法話。

インド仏跡

午後 竹林精舎法要と法話。

インド仏跡

夕方 霊鷲山法要と法話。

インド仏跡


3月14日は、王舎城からサルナートへバスで6時間

インド仏跡

サルナート鹿野苑にて法要と法話

インド仏跡

3月15日ベナレス

早朝ガンジス川で般若心経読経

0315_001

0315_002

国宝東塔大修理特別写経

合掌

|

3月8日薬師縁日

平成24年3月8日(木)

「東日本大震災一周忌法要」を11時より金堂において山田法胤管主導師のもと法要を行った。毎月8日は薬師縁日・大般若経転読法要があり、ともに多くの方が参拝された。

合掌

|

広島23日お写経と法話

「お写経と法話の集い」のご案内

0419_0022_3

広島会場 

日時 平成24年3月23日(金)13:30~16:30

場所 西区民文化文化センター3F大会議室

    (広島市西区横川新町6-1)

交通 JR「横川駅」南口・横川電停約200メートル

【時間と内容は各会場とも共通です】 

13:30 受付

13:45 お写経の説明 安田奘基 録事

14:00 お写経

     お写経用具はご用意してございます

15:10 法話「般若心経の心」 生駒基達 執事

16:15 終了

※会場では始めにお写経を書写いただき、後半は法話です。初めての方も気軽にご参加下さい。お写経は筆かB・2Bの鉛筆で書写いただきます。お写経用具はご用意いたしますが、筆、鉛筆はご持参頂いても構いません。

※参加費は一人3千円(般若心経納経料2千円含む)お写経は般若心経にかえて東塔大修理特別写経を書写される方は納経料等1万1千円です。

東塔大修理特別写経(1組2巻)は、第1入胎・第2受生・第3受楽・第4苦行・第5成道・第6転法輪・第7涅槃・第8分舎利・第9西塔・第10東塔の種類がございます。ご希望の番号をお申し込み下さい。

※お申し込みは、会場名、ご結縁者番号(ご存知の方のみ)、氏名、連絡先(TEL・FAX)、東塔写経をご希望の方は、希望番号を明記の上TELまたはFAXでお申し込み下さい。

先着順とさせて頂くため、定員を超えた場合には、お断りすることがございます。

参加証はございません。お申し込みをいただきました方は、直接会場にお越し下さい。

◎お申し込みは、薬師寺奉賛会へ

TEL 0742-33-6001

FAX 0742-33-6004

合掌

|

3月6日東塔

平成24年3月6日(火)

薬師寺東塔の覆い屋

0306_006

梅の花が咲いてきました。

0306_007

0306_008

0306_015

0306_012  0306_013合掌

|

広島呉・お写経と法話会

「お写経と法話の集い」のご案内

0419_0022_3

広島呉会場 

日時 平成24年3月22日(木)13:30~16:30

場所 ビューポートくれ2F大会議室

   (広島県呉市中通1-1-2)

交通 JR呉線「呉駅」下車徒歩5分・バス「呉駅前(そごう)」下車徒歩5分

【時間と内容】 

13:30 受付

13:45 お写経の説明 安田奘基 録事

14:00 お写経

     お写経用具はご用意してございます

15:10 法話「般若心経の心」 生駒基達 執事

16:15 終了

※会場では始めにお写経を書写いただき、後半は法話です。初めての方も気軽にご参加下さい。お写経は筆かB・2Bの鉛筆で書写いただきます。お写経用具はご用意いたしますが、筆、鉛筆はご持参頂いても構いません。

※参加費は一人3千円(般若心経納経料2千円含む)お写経は般若心経にかえて東塔大修理特別写経を書写される方は納経料等1万1千円です。

東塔大修理特別写経(1組2巻)は、第1入胎・第2受生・第3受楽・第4苦行・第5成道・第6転法輪・第7涅槃・第8分舎利・第9西塔・第10東塔の種類がございます。ご希望の番号をお申し込み下さい。

※お申し込みは、会場名、ご結縁者番号(ご存知の方のみ)、氏名、連絡先(TEL・FAX)、東塔写経をご希望の方は、希望番号を明記の上TELまたはFAXでお申し込み下さい。

先着順とさせて頂くため、定員を超えた場合には、お断りすることがございます。

参加証はございません。お申し込みをいただきました方は、直接会場にお越し下さい。

◎お申し込みは、薬師寺奉賛会へ

TEL 0742-33-6001

FAX 0742-33-6004

合掌

|

3月玄奘縁日

『玄奘縁日法要』

平成24年3月5日(月)

午後1時より玄奘三蔵院伽藍・玄奘塔において法要があります。

13時半~ 五観の間にて村上太胤執事長の法話があります。

とうぞ、お参り下さい。

●玄奘三蔵院伽藍・平山郁夫画伯

  大唐西域壁画特別開扉

Photo_2

 3月1日(木)~6月30日(土)

 8月13日(月)~8月15日(水)

 9月16日(日)~11月30日(金)

 1月1日(火・祝)~1月15日(火)

合掌

|

玄奘三蔵院公開

薬師寺玄奘三蔵院伽藍

平山郁夫画伯大唐西域壁画公開期間

平成24年3月1日~6月30日

     8月13日~15日

     9月16日~11月30日

平成25年1月1日~15日

薬師寺拝観料(白鳳伽藍と玄奘三蔵院伽藍共通券)

   一  般 800円

   中高生 700円

   小学生 300

◎毎月5日は玄奘縁日法要と法話があります。

※5月5日は玄奘三蔵会大祭です。

合掌

|

東京別院 春の宝物公開

薬師寺東京別院では、2月28日より3月6日まで

平成24年の「東京別院 春の宝物特別公開」は、「還ってきた東塔塑像・蘇った西塔四天王」と題し、薬師寺のご結縁者によりご奉納され寺にお還りになられた東塔塑像(奈良時代)を特別公開中です。

拝観と抹茶 500円

東京別院 春の宝物特別公開

Map

東京都品川区東五反田5-15-17
                      
電話 03-3443-1620
FAX 03-3449-5963

薬師寺東京別院へは、JR山手線五反田駅下車 東口より徒歩8分

※駐車場はございません。電車をご利用下さい。

合掌

|

3月の行事(H24)

平成24年3月行事予定

●西塔内陣特別公開0223_2 

 3月1日(木)~3月20日(火・祝)

 11時・13時・15時の各30分間

●玄奘三蔵院伽藍・平山郁夫画伯

  大唐西域壁画特別開扉

Photo_2

 3月1日(木)~6月30日(土)

 8月13日(月)~8月15日(水)

 9月16日(日)~11月30日(金)

 1月1日(火・祝)~1月15日(火)

薬師寺大宝蔵殿・聚寶館・特別展

2_2

【薬師寺の文化財保護展】

国宝 吉祥天像特別公開

平成24年 3月24日~ 4月 8日

       4月28日~ 5月 8日

       6月 1日~ 6月10日

      10月 6日~11月11日

奈良薬師寺 本山

3月5日(月) 玄奘縁日(玄奘三藏院・玄奘塔・礼門)

         13時~ 玄奘縁日法要

         13時半~法話 村上太胤執事長

3月8日(木) 11時~薬師縁日法要(金堂)

         13時~山田法胤管主法話・写経道場

3月18日(日)11時~彌勒縁日法要(大講堂)

         13時~月例まほろば塾(要申し込み)

3月28日(水)13時~お身拭い式(金堂・大講堂・東院堂)

3月30日(金)15時~花会式法話(お写経道場)

 ~4月4日迄・5日は14時半~村上太胤執事長

         19時~修二会花会式 初夜・半夜

3月31日(土)3時~修二会花会式 後夜・晨朝

        13時~修二会花会式 日中・日没

        奉納行事 稚児行列・献香・奉納演技

0301_9

※講師や日程が変更される場合がございます。

薬師寺東京別院

2月28日~3月6日 春の宝物特別公開

還ってきた東塔塑像・蘇った西塔四天王

3月10日(土)14時~唯識講義『唯識三十頌を説く』 

              松久保秀胤長老

3月12日(月)13時~薬師縁日大般若経転読法要

              山田管主法話

3月17日(土)13時~『般若心経の心』村上太胤執事長

3月24日(土)10時半~東京行基さんの会  小林澤應録事

3月25日(日)13時~お写経と『法句経』法話 大谷徹奘執事

※毎月12日13時より開始の定例法話の日には、当日東京別院にてお写経された方に限り、うどんのお接待があります。

【関係寺院】

講師や日程が変更される場合がございます。

長野 蓼科山 聖光寺

 3月18日(日)13時半~法要~松久保秀胤長老

奈良 清涼山 喜光寺

 3月2日(金)行基会大祭

          10時半~法要

          13時~法話 山田法胤住職

●岐阜 真佛山 地蔵寺

〒500-8453岐阜県岐阜市加納鉄砲町3-56

電話 0582-71-6657

 毎月10日は法要と法話です

 3月10日(土)10時半~法話 安田暎胤長老

                                             安田奘基録事

●岐阜 川崎山 薬師寺岐阜別院

東海四十九薬師霊場 第16番札所

〒504-0835岐阜県各務原市那加雄飛ヶ丘町129

電話 0583―83―5412

毎月第一日曜日は縁日写経と法話です

 3月4日(日)10時~お写経会

         14時~縁日法話 村上太胤執事長

茨城 水雲山 潮音寺 薬師寺東関東別院

 3月11日(日)東日本大震災追悼復興祈願法要

 薬師寺21世紀まほろば塾潮来塾(要申し込み)

●薬師寺咒師本部 南都修験道

 3月2日(金) 喜光寺柴燈大護摩供

【その他】

各地講演会場。お近くの方はご参加下さい。

講師や日程が変更される場合がございます。

●大阪薬師寺会 (要参加費)

 阪急グランドビル26階会議室

 3月16日(金)14時~松久保秀胤長老

●名古屋薬師寺会 (要参加費)

 『四季の説法』会場:メルパルク名古屋(千種駅下車)

 3月2日(金)13時半~松久保秀胤長老

 4月11日(水)13時半~安田暎胤長老

 5月11日(金)13時半~村上太胤執事長

●名古屋 唯識講 (要参加費)

 会場:メルパルク名古屋(千種駅下車)

薬師寺 東京まほろば塾 (要申し込み)

 会場:三越日本橋店6階三越劇場

 3月なし

●浜松薬師寺会・まほろば塾 (要参加費)

 会場:㈱静岡新聞社プレスタワー17階

●仙台薬師寺会・まほろば塾 (要参加費)

 会場:エル・パーク仙台5階セミナーホール(141ビル内)

●高崎薬師寺会

平成24年11月25日(日)

 高崎駅東口より徒歩5分「高崎市労使会館」3F

 高崎市東町80-1(群馬トヨタ本社ビル北側)

 午前10時~12時「お写経と法話の集い」

  講師 生駒基達執事

 午後1時30分~4時30分

講演会・講師 村上太胤執事長・生駒基達執事

●広島薬師寺会・まほろば塾 (要参加費)

       広島西区民文化センター3階会議室

 3月23日(金)13時~お写経と法話 生駒基達執事

●薬師寺奉賛会・お写経と法話の集い(要申し込み)

    下記日程 講師 生駒基達執事・安田奘基

 3月21日(水)13時半 岡山県天神山文化プラザ

 3月22日(木)13時半 広島県ビューポートくれ

 3月24日(土)13時半 姫路市民会館

合掌

国宝 東塔について

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »