« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

四季の説法・名古屋

名古屋薬師寺会

『四季の説法』

平成24年6月1日(金)13:30~15:30

Matsukubo

 講師 松久保秀胤 長老

※参加費 お一人 800円

※参加対象は一般です。当日会場にお越し下さい。

※日程・講師が変更になることがございます。

会場 メルパルク名古屋

平成24年7月11日(水)13:30~15:30

Photo 講師 安田暎胤 長老

参加費 お一人 800円

参加対象は一般です。

当日会場にお越し下さい。

会場までの交通はJR・地下鉄「千種駅」1番出口または地下鉄「車道駅」3番出口より徒歩2分

合掌

秘宝秘仏 国宝吉祥天女像公開

国宝 東塔について

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

夏ハギの花

ハギの花がさきはじめました。0529_005

0529_006 ※画像は玄奘三蔵院伽藍

合掌

|

橋本凝胤 信ずるとは何か

1200_000_3 1129_005_6

1129_008

芸術新聞社より

橋本凝胤師『信ずるとは何か』の本が出版されました。

定価:本体2,400円+税

薬師寺にもございます。

全国の書店でお求め下さい。

橋本凝胤和上は、高田好胤、松久保秀胤、山田法胤、村上太胤のお師匠さまです。

※はしもとぎょういん 

明治30年(1897)奈良県生まれ。

明治37年(1904)法隆寺に入寺。佐伯定胤大僧正に師事

昭和14年(1939)薬師寺管主(住職)に就任

昭和16年(1941)法相宗管長に就任

昭和42年(1967)薬師寺長老

昭和53年(1978)3月25日遷化

合掌

Amazon【信ずるとは何か 橋本凝胤】

|

さつき盆栽展H24

0527_007 0527_003 さつき盆栽展 

開催のご案内

平成24年5月27日(日)~6月3日(日)

薬師寺玄奘三蔵院伽藍において開催。

0527_001

0527_002

合掌

秘宝秘仏 国宝吉祥天女像公開

国宝 東塔について

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

姫路・お写経と法話会

「お写経と法話の集い」のご案内

0419_0022_3

姫路会場 

日時 平成24年5月12日(土)13:30〜16:30

場所 姫路市市民会館3階

    (兵庫県姫路市総社本町112)

交通 JR「姫路駅」下車徒歩10分

【時間と内容】 

13:30 受付

13:45 お写経の説明 

|

秘宝秘仏・春の公開延長

秘宝秘仏 国宝吉祥天女特別開扉

大宝蔵殿特別公開「薬師寺の文化財保護展」

好評につき公開延長のおしらせ。

平成24年5月9日(水)から6月10日(日)まで公開いたします。

合掌

|

5月薬師縁日法要

平成24年5月8日(火)

薬師縁日・大般若経転読法要

午前11時より金堂

金堂・(国宝)薬師三尊のご宝前にて大般若経600巻のお経の転読法要をいたします。

大般若経は中国唐代の玄奘三蔵法師が西暦645年インドより経典を持ち帰り翻訳されたものです。奈良時代に写された経巻は、特別展「薬師寺の文化財保護展」にて特別公開しています。

午後1時より山田法胤管主法話がお写経道場にてございます。

お写経道場では、8時30分から17時までお写経を書写していただけます。

合掌

|

玄奘三蔵会大祭(H24)

平成24年5月5日(祝土)

玄奘三蔵会大祭

薬師寺の拝観時間は、開門8時30分~閉門17時です。

四條畷学園高等学校吹奏楽部 奉納演奏

0505_011 0505_005  0505_009 0505_010

0421_000_2 

Photo

合掌

連休期間の拝観時間ご案内

秘宝秘仏 国宝吉祥天女像公開

国宝 東塔について

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

最勝会(さいしょうえ)

平成24年5月4日(金祝)

最勝会 行列は17時30分~

     法要は18時~

一般拝観受付は、16時50分迄です。

最勝会行事準備の都合上、大講堂の参拝は16時迄です。

金堂・東院堂・玄奘三蔵院伽藍(平山郁夫画伯大唐西域壁画殿)は、17時30分閉堂します。

聚寶館・大宝蔵殿は17時閉堂します。

※玄奘三蔵院では、5月5日の玄奘三蔵会大祭準備の為、玄奘塔のお参りはできません。平山郁夫画伯の大唐西域壁画は参拝できます。

Photo_2

合掌

連休期間の拝観時間ご案内

秘宝秘仏 国宝吉祥天女像公開

国宝 東塔について

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

秘宝秘仏 春の公開

Photo ◎国宝 吉祥天女画像(天平時代)

奈良時代 麻布に画かれた吉祥天は、美術の教科書等であまりにも有名です。お正月のご本尊として金堂薬師如来ご宝前に安置され(1月1日~15日)、福徳の仏として信仰を集めています。

日頃は秘仏ですが、この機会にぜひご参拝下さい。

○重要文化財「四天王立像」(平安時代)像高109~111

【図左】

平成18年から修理にかかり平成23年修理を終えた仏像です。

寄木造の彩色像で、一部に漆箔が残る。長い年月の間に手、足、胴、頭などがばらばらに破損した状態でした。明治期に破損した部材を組み合わせて、持国天と多聞天の2体とし、国の重要文化財となりました。その後、薬師寺では、残された組み合わなかった部材を保管していました。
 この復元修理により、これまで持国天に付けられた右腕は、増長天のものと判明致しました。今回、増長天と広目天の2体も復元し、岐阜市で開催した「国宝 薬師寺展」(10月2日に閉幕)で初展示し、寺内では初公開となります。

・「四天王立像」(鎌倉時代)像高165~175【図右】

この四天王像も破損仏であったが平成9年から14年にかけて修理されました。

その姿形は鎌倉時代に運慶等が復興した東大寺大仏殿の四天王像のスタイルを正しく受け継ぐもので、力に満ちた躍動感ある姿は、再建された大講堂の空間を守護するにふさわしい風格を備える。ヒノキの寄木造、彩色仕上げになり、目には玉目を嵌入している。

 

000000000

この春公開中の大宝蔵殿特別公開「薬師寺の文化財保護展」図録の表紙は、平成20年に発見・修理された聖観音菩薩像です。

この像の修理前の姿(下の図右)は、江戸時代に制作された彩色仕上げの十一面観音像であった。彩色の剥落があり、修理を民間の工房に依頼して調査を行うと、何か大きく改造された感があり、彩色を取り去ると中から平安時代の仏の姿が現れた。

平安時代に聖観音像として祀られていたものが、江戸時代に十一面観音像にリニューアルされていたことが判明した。

平成22年聖観音像として修理完成。

0005

千手観音菩薩像1022_002

木造( ヒノキ材 )  像高42.4   鎌倉時代

平成7年から修理・平成23年修理完了しました。

下記画像(右)修理前の姿では、頭上面および脇手はすべて失われています。

千手観音菩薩像は通常42の腕を表すことが多く、今回(左)、腕と頭上面は新たに復原しました。

1022_001

薬師寺絵図000000000 

江戸時代 一幅 紙本著色  ・ 平成10年修理

この絵図は、薬師寺の寺域を表現したもので、江戸時代初期の薬師寺伽藍および子院の状況を知ることのできる貴重な資料である。

北は北門、南は八幡宮、東は秋篠川、西は西門、西南には龍王社と龍王之池までを描いている。

(下記 薬師寺絵図中央部分拡大)

000000000_2

薬師寺絵図

000000000

江戸時代 一幅 紙本著色  平成10年修理

この地図は、紹介した絵図よりは新しく江戸時代後期に創建当時の薬師寺の姿を描いた想像図である。回廊が北側の食堂までをも取り囲んで描かれ、実際の姿とは違っている。

吉祥天立像

000000000

木造 (ヒノキ材)   像高112.5  平安時代

平成21年~平成22年修理

失われていた頭部・両手先・両沓先が復原され、面目を一新した。

吉祥天は、右を垂れて、左手を挙げて宝珠をとるが、この像は右手を左手よりやや高い位置に置く態勢で通例とは異なっている。

下記修理前

000000000_2

大般若波羅蜜多経(魚養経)経箱000000000

経箱は大正14年(1925)に下記の重要文化財「大般若波羅蜜多経」(奈良時代)を修理したおりに新調したものです。

000

重要文化財「大般若波羅蜜多経」(魚養経)巻第312

紙本墨書 奈良時代

「大般若波羅蜜多経」は唐代の高僧 玄奘三蔵が顕慶5年(660)正月1日から龍朔3年(663)10月23日まで、3年10ヶ月かけて漢訳を完成した大部な経典で600巻から成る。大正時代に大半が薬師寺から流出し、現在は寺に48巻(残巻を含む)収蔵、藤田美術館に387巻の多数が収められている。 

大般若波羅蜜多経(永恩経)0_2平成22年調査・新発見 47帖 奈良時代

平成22年9月に発見されたこの大般若波羅蜜多経は、昭和57年12月まで毎月8日の大般若経転読法要に使用されていたものの中の47帖である。

000

国宝 東塔初重支輪板 奈良時代

0_2

平成20年に剥落止めの修理

000国宝東塔の初重の天井には奈良時代(右)の彩色によって荘厳されています。左は復原されたものです。金堂・西塔・大講堂の天井に彩色されています。

宝相華(ほうそうげ)という極楽に咲く花で、蓮のような花です。奈良時代の彩色法である繧繝(うんげん)【暈繝】彩色というグラデーションのような描きです。

国宝 東塔の連弁0 奈良時代

国宝東塔、水煙の上に宝珠と龍舎があります。その宝珠の蓮弁(青銅製)が破損しています。

下記は東塔相輪部

000

毘沙門天像0  奈良市指定文化財

南北朝時代 木造彩色 

平成4年~平成5年修理

修理を行ったおり、体内より「金光明最勝王経」2巻が発見されている。

000

昭和55年(1980)より奈良文化財研究所と東京大学史料編纂所の合同で調査されている薬師寺の古文書

0

評定行事日記 江戸前期 

0_2

評定行事日記(懐慧書写本)江戸中期

0_3集会評定掟法目録事安土桃山時代

0_4修二月会記録室町時代

平成18年(2006)に設立された薬師寺宝物管理研究所によって再調査されている薬師寺の聖教

0_5

法華経玄賛要集平安後期

0_6応理大乗伝通要録鎌倉中期

0_7

大般若経音義鎌倉後期

国宝吉祥天画像厨子0

大正9年(1920)新調

000_2

厨子裏銘文

「大正9年庚申9月日

奉寄進南都薬師寺國寶吉祥天画像之厨子 1口

男爵 益田 孝」

慈恩大師立像

0

 江戸時代

平成18年(2006)~平成20年(2008)修理

00 十一面千手観音像 鎌倉時代

平成20年(2008)~平成22年(2010)修理

000_2大講堂 弥勒三尊像に関わる修理と復元

(上)菩薩像頭部室町時代 木造

(中)重要文化財菩薩像頭部 江戸時代 金銅造

(下)菩薩像頭部復元模造 平成8年作 樹脂造

奈良薬師寺 大宝蔵殿において、国宝秘仏 吉祥天女画像と共に平成24年4月28日から6月10日迄特別公開しています。

  大宝蔵殿の拝観料は 大人 一人 500円

             (薬師寺拝観料別途必要)

拝観時間は8時30分~17時

合掌

国宝 東塔について

国宝東塔修理特別写経のお願い

薬師寺公式ホームページ東京別院ホームページ

JR東海うましうるわし 奈良「Again」

お食事どころ 薬師寺門前 アムリットrestaurantイタリアン・シルクロードはローマから日本へ

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »